ドコモケータイ払いを使ってすぐに商品券を購入する方法

最近、キャリア決済ってよく耳にしませんか?キャリア決済とは、対応したショッピングサイト等での支払を翌月の携帯電話使用料金に合算できる便利な支払い方法です。ドコモユーザーの方なら、ドコモケータイ払いがあります。ドコモケータイ払いを利用すれば、クレジットカードがなくても、商品をネットですぐに購入することができます。最近では、Amazonでの買い物にも対応し、利用できるお店はどんどん増えていっています。今回は現金がなくても、ドコモケータイ払いで商品券を購入する方法を紹介します。

現金以外で商品券って買えるの?

通常、金券ショップなどでは商品券は現金でしか購入出来ません。しかし、キャリア決済を使えばネットショップで決済が出来るうえに、クレジットカードのように支払いを翌月まで先延ばしすることが可能です。用意するのは次の2つだけです。- キャリア決済枠のある携帯電話- 各キャリアから審査不要で発行されているプリペイドカードキャリア決済枠はドコモの携帯電話をお持ちなら自動で付与されています。プリペイドカードは携帯電話を契約した際に作られた方が多いのではないでしょうか。もし、お持ちでない場合は、ドコモショップに行けば無料ですぐに作れます。意外と便利なので持っていて損はないので是非この機会に作ってみてください。プリペイドカードが用意できれば購入まであと少し。まずは電話料金合算払いを利用してプリペイドカードにチャージします。

チャージが完了すれば商品券をクレジットカードで購入できるサイトを利用して、商品券を購入するだけです。似たようなサイトはいくつかありますが、この金券ねっとは対応が丁寧で評判の商品券通販サイトです。もちろん、普通のクレジットカードを利用して購入することも出来るので場合によって支払い方法を変えることができます。心配な方は、どのようなシステムになっているのか電話で問い合わせをして対応を見てみるのも良いです。

ドコモケータイ払いの穴非常に便利なキャリア決済ですが、万能ではありません。どのような状況でも対応できるものではないことを理解しておきましょう。

ドコモケータイ払いの利用限度額について

利用額は最大10万円まで利用できる上限金額は通常は1万円から5万円であり、条件を満たせば10万円になりますが、それよりも増やすことはできません。使い過ぎを防げるメリットでもありますが、10万円を超える金額が必要になったときは足りないのでクレジットカードでの支払いに変更しましょう。また、支払いのタイミングは決まっており、利用残高のリセットは毎月1日になってます。当月に上限まで使った後はリセットされるまで新たに買い物は出来ません。裏技ではないですが、家族の了承を得ている場合は携帯電話1台につき、それぞれ利用限度額が定められているので家族名義で購入することもできます。

ドコモケータイ払いについて注意した方が良い点

支払いについてドコモケータイ払いの支払いに関しても注意しなければなりません。電話の利用料金と合わせて一括での支払いになるので、お金が足りないと不払いになります。一時的に不払いになること自体はそれほど珍しいことではなく、即座に電話が使えなくなることはありません。しかし、督促状に記載された支払期限に間に合わないと利用停止になるので、すぐに払えるようにしましょう。もし2か月以上も払えないでいると、強制解約されてしまい、ブラックリストにも載ってしまうペナルティがあります。つまり、一時的にお金が足りないときには有効な利用方法ですが、使ったお金を分割でなければ払えないときに利用するものではありません。なお、ブラックリストに載る前に支払った場合でもドコモから信用を失ってしまうので上限が引き下げられます。余力があるのにうっかり口座への入金を忘れたりしないようにしましょう。違法性のないドコモケータイ払いの現金化ですが、カード会社やドコモは換金目的での商品購入を規約で禁止しています。逆に言えば、プレゼント目的での購入は問題ありません。さらに購入した商品券をどのように使用したかなど、カード会社は追うことが出来ませんので、余った商品券を金券ショップに持ち込んでちょっとしたお小遣いにすることも可能です。このようにドコモケータイ払いは利便性は高いですが、一括でなければ払えない等不便な点もあります。緊急の際には手段を選んでいる余裕がありませんが、時間ができたときに継続して使うか、他の方法で安全にお金を借りるか検討しましょう。