ソフトバンクのキャリア決済額の限度額を増やすには?

今は格安SIMと呼ばれるMVNOが注目を集めていますが、ソフトバンクを始めとする大手携帯キャリアだからこそ利用できる、便利な機能やサービスがあるため、安易に格安SIMに乗り換えると失敗してしまうこともあります。

大手携帯キャリアの利便性の良さはキャリア決済の存在が大きい

キャリア決済とは、携帯電話の機能を使って商品やサービスの代金の支払いを行い、その月に使った携帯電話料金を支払う際に、商品やサービスの代金の支払い分についても一緒にまとめて請求されるというものです。この仕組みの良さは、まるでクレジットカードのように支払いができる部分です。キャリア決済で商品やサービスを購入すると、まず携帯キャリア側が立て替え払いする形になります。既に支払っていますので、商品を手に入れたり、サービスの利用を開始することができます。実際の支払いは携帯キャリアが後から請求をしますから、後払いのような感覚でほしいものを手に入れる、利用できるといったメリットがあります。

便利なキャリア決済も無制限に使えるわけではない?

便利なキャリア決済ですが、利用するには限度額が決まっていますので、無制限に使えるわけではないことを覚えておく必要があります。大手携帯キャリアのソフトバンクにおいても同様です。ソフトバンクの限度額を増やすことについてですが、今ある状態によっては増やせますし、増やせない状態であるともいえます。まず、増やせない状態というのは、ソフトバンクが設定しているキャリア決済サービス自体の上限額に達している場合です。カードローンでよく見かけますが、種類によって最高300万円や500万円、1000万円といった限度額を公開して、宣伝をしているケースがあります。これはそのカードローンにおける上限額のことで、どのような立場の人でもこの金額を超える借り入れができません。最高500万円のカードローンがあったなら、どんなに収入が多くても、強い立場にある人物だったとしても、500万円を超える借り入れができません。これと同じような感覚で、上限額を増やせないことを知っておきます。上限額はユーザーの立場によっても違ってきます。先程の上限額はサービスそのものの決まりですが、サービスそのものの上限額の範囲内で、個別のユーザーごとに上限額が設定される仕組みが用意されています。

ソフトバンクのキャリア決済の上限額はユーザーの年齢ごとに違う

具体的な年齢の違いについてですが、満12歳未満と満20歳未満、満20歳以上の3段階に分かれています。満12歳未満の立場だと月に最大2000円が利用可能枠として提供されます。毎月この金額の範囲内でキャリア決済が利用できる仕組みです。締め日が過ぎればリセットされますので、再びその月に最大2000円分まで利用できます。満20歳未満であれば月に最大2万円です。満20歳以上であれば月に最大10万円までです。満20歳以上に到達すれば、随分と高額の設定になりますので、利用できる幅が広がります。このときに注意したいのが、設定されている年齢であれば、最大の上限額が適用されるわけではないことです。あくまでも最大の金額という意味だけで、ユーザーごとの契約内容や利用状況、支払状況などをソフトバンク側がチェックを行い、個別に限度額を設定します。ですので、満20歳以上の立場の人であっても、月に1万円の上限額の人がいますし、月に8万円の人がいるともいえる状態です。年齢によって変化が見られますので、満20歳未満の人が満20歳以上の年齢に達すれば上限額を増やせるといえますが、今の年齢で決まっている枠を自分自身で増やすのは不可能です。今度は限度額を増やせる状態を見ていくと、ユーザーごとに設定されている上限額よりも少ない金額を、毎月の利用額として設定している場合に可能です。ソフトバンクのキャリア決済では、ユーザーが自由に毎月の利用可能額を設定可能です。使いすぎを防ぐ方法として重宝する設定ですが、知らないまま使い続けていると、本来であればもっと多くの金額を使えるのに、毎月少ない金額の枠内で使い続ける結果になります。

現在の利用限度額の確認方法

利用限度額にまだ余裕があるのなら、ソフトバンクのMy SoftBankにログインします。メニューからキャリア決済のことを指す、まとめて支払い安心設定の項目を選びます。ご利用可能額の設定という項目があらわれますので、設定の項目を選びます。ご利用可能額などの設定という画面が開きますが、色々な項目が表示されています。項目の内、設定可能なご利用可能額の項目が、今現在そのユーザーに設定されている限度額のことです。この金額の範囲内で設定可
能です。現在のご利用可能額の金額が、今現在キャリア決済で設定している上限の金額です。

限度額を増やす方法

設定可能なご利用額と比べて、現在ご利用可能額が少なければ、限度額を増やすことができます。増やすには、ご希望の利用可能額の空欄に利用したい金額を入力するだけです。入力したなら、次へのボタンを押し、ご利用可能額設定の確認画面で先程入力した金額をチェックし、間違いがなければ次へのボタンを押します。使いすぎ防止パスワードを入力する画面が表示されますので、予め登録しておいた該当のパスワードを入力します。使いすぎ防止パスワードをまだ登録していないなら、設定画面が開きますので、案内に従ってパスワードを作り、登録しておきます。最後に設定を押せば、利用可能額を増やせる設定は完了です。これで最大金額までキャリア決済ができるようになりますが、利用するにはもう一つ注意点があります。

キャリア決済時の注意点

ソフトバンクが用意している、まとめて支払いのサービスでは、利用制限の設定サービスが存在します。これは使える金額を制限するのではなく、利用自体を制限する内容ですので、もし以前に利用制限の設定を行っていると、キャリア決済を使いたいシーンで利用できない状態になってしまいます。この設定もMy SoftBankにログインして、まとめて支払いの項目を選びます。ご利用可能額などの設定の場所に、ご利用制限の項目がありますので、その画面内にある解除するのボタンを押し、使いすぎ防止パスワードを入力して設定を変更しておきます。これで問題なく使えるようになります。毎月利用可能額の範囲内で商品を購入したり、サービスを利用したりできるようになりますが、あくまでもソフトバンクのキャリア決済に対応している店舗でしか利用できませんので、全ての商品やサービスの支払いに使えるわけではありません。

キャリア発行のプリペイドカードを最大限有効に使う方法

例えば通常現金でしか購入できない商品券なんかもキャリア決済で支払うことができます。ソフトバンクカードというプリペイドカードのサービスが提供されていますが、このプリペイドカードはキャリア決済でチャージできます。この仕組みを利用すれば、利用可能額をプリペイドカードにまずチャージして、チャージ分の商品券を購入できます。プリペイドカードの発行は無料で、ユーザーであればすぐに利用開始できる環境が整っています。My SoftBankにログインして、カードの項目を選ぶと、プリペイドカードのチャージ残高が見られる画面が表示されます。チャージの項目を押して、まとめて支払いを選び、まず認証コードを入手します。認証コードはSMSで送られてきます。3桁の認証コードを入力画面に入れて進めるとチャージ額を決める画面が登場しますので、希望額を設定すればチャージが完了します。後は商品券を販売するネットの店舗に訪れて、好きな商品券を選び、ソフトバンクのプリペイドカードで支払いを完了させるだけです。

商品券をクレジットカードで購入!

商品券を入手したなら、あとは買い物で利用したり、余分なものを金券ショップで買い取ってもらうこともできます。店舗によって買取率が違う点に注意が必要です。買取の店舗では商品券の額面のまま買取ってくれることはありません。少し少なめの金額を提示して買取ってくれます。買取率については相場があり、95%以上の換金率を誇っている店舗だと、かなりお得な部類に入ると判断できます。店舗の違いだけでなく、商品券の種類によっても買取率が違いますので、買取率の高い商品券を購入するテクニックが必要です。JCBギフトカードはかなり買取率の高い商品券ですので、狙い目です。1000円券や5000円券なら97%の買取率で買取ってくれる店舗があります。無理に現金化をする必要はなく、購入した商品券をそのまま使う方法もあります。キャリア決済が利用できない一方で、入手した商品券が使える店舗があるなら、キャリア決済を活用して後払いにする工夫が可能です。

ソフトバンクユーザー必見!ソフトバンクまとめて支払いを使って商品券を買う方法

「やばい、今月お金が足りない!」なんて時ありますよね。

そんな時はソフトバンクまとめて支払いを使って簡単にピンチから抜け出すことができます。

ソフトバンクまとめ支払いはソフトバンクユーザーなら誰でも利用できる

審査など一切無いので、カードローンの審査に落ちてしまうような人でも利用できます。

これを利用する前にソフトバンクカードも発行しておくとさらに便利になります。

ソフトバンクカードも同じように審査不要でつくれるプリペイドのクレジットカードで、現金やまとめて支払いでチャージするとクレジットカードと同じように使えます。

携帯端末だけでもまとめて支払いは利用できますが、ソフトバンクカードでの支払いは可能だけど、まとめて支払いには対応していないというケースはまだ多く、選択肢を増やすことができます。

ソフトバンクカードに残高をチャージすると、商品の購入だけでなく、現金として引き出せる機能があります。

ソフトバンクカードには現金、またはまとめて支払い枠でチャージすることが可能ですが、直接現金を引き出せるのは銀行振り込みなどでチャージしたものだけになります。

そのため、ソフトバンクまとめて支払いでチャージしたものは商品を購入する必要があります。利用する前に、まずはソフトバンクまとめて支払いが使えるか確認をしておきましょう。

ソフトバンクまとめて支払いが使えなくなるケース

利用料金の未納があると利用が制限されます。利用限度額もあり、使い切っているとリセットされるまでは使えません。

リセットタイミングは3パターンあり、契約時に自分で決めたはずなので、忘れてしまった場合はカスタマーサービスなどに問い合わせて調べておく必要があります。

ソフトバンクまとめて支払いを利用してお金を作る安全な方法

まとめて支払いに対応しているショップや、オークションサイトでJCBギフトカードなどの商品券を購入し、金券ショップで売却します。

または、オークションサイトなどで売却するという方法もあります。

どちらの方法も商品が届く、あるいは入金されるまでの時間がかかってしまうので、今日中にお金が必要という状況には対応できません。

とにかく早く現金を手に入れたい場合

できるだけすぐに手に入れたい場合はこちらのサイトを利用すれば最短で翌日、都内なら場所によっては当日に商品を受取ることができます。

商品を受け取ったら駅前などにある、最寄りの金券ショップに持ち込めばかなり高い利率で買い取ってもらうことができます。

安全性には難がありますが、手早くお金を手にしたい場合にはネットの買取業者を利用すれば30分程度で入金してもらえることもあります。

金券ショップを利用する場合の注意点

この方法を利用する場合の注意点として、できるだけ換金率が高い方が得になりますが、それを鵜呑みにすると悪徳業者に騙される危険性があるので、あまり安全とは言えません。

やはり信頼のできるお店で購入したものを直接持ち込むのが無難です。ソフトバンクまとめて支払いを利用して商品券を買う場合に知っておいて欲しいのは、行為自体は法律に触れるものではありませんが、ソフトバンクの利用規約としては禁止された行為であり、現金化目的での商品購入は規約違反になります。

前述の買取業者が悪徳業者である理由もこれであり、規約違反させて商売をしているため、闇金融が運営していることもあります。

ソフトバンクに気付かれてしまうと携帯電話の利用停止や強制解約などの措置を取られるリスクがあり、ネットの買取業者の利用を控えた方がいいのはこういった理由によるところが大きいです。

しかし商品券の購入自体が規約に触れているわけではないので、利用料金をしっかり支払っていれば問題になるようなことは滅多にありません。

料金支払いに関する注意点

料金の支払いが滞れば、限度額を減額されたり、そのまま払わずにいれば利用停止、さらに2か月以上継続していれば強制解約と信用情報へ傷が付くという大きな損失を被ることになるので、支払えなくならないように利用しましょう。

料金の支払いに関する注意点として、分割払いはできません。

利用した分の請求日までにお金を用意できない場合は支払いの遅延が起きることが確実であると言えるため、払える見込みがないときに利用するものではありません。

カードローンであれば分割で返済できるので、審査に問題がなければ、こちらを利用できないか先に試すべきです。

また、ソフトバンクまとめて支払いのリセット日が3パターンあるように、支払い日も3パターンあるので自分はいつ引き落とされているのか確認し、お金があるのに入金が遅れて支払えなくならないようにしましょう。

ソフトバンクまとめて支払いの限度額が減額された理由

携帯電話を利用していると、通話機能以外にも様々な便利な使い道があることに気づきます。インターネットを利用できるのは言うまでもなく、時計代わりやスケジュール帳、カメラや計算などありとあらゆる便利な機能を兼ね備えています。

携帯キャリア決済サービスとは

そんな数多くの機能の中でも非常に便利なのが、クレジットカードの代わりに利用できる携帯キャリア決済サービスです。キャリア決済とは、格安スマホ以外の大手キャリアのユーザーなら誰でも利用できるサービスで、まるでクレジットカードを持っていなくてもインターネット経由で商品やデジタル関連のコンテンツを購入することができます。インターネットで何かを購入する場合、基本的には注文して代金を支払い、それが確認されてから商品を手にすることになります。

クレジットカード決済のリスク

クレジットカードを利用すれば、実際の支払いを先延ばしして欲しい商品を手に入れることができるのですが、そもそもクレジットカードを持っていなければ利用できません。しかも最近はインターネット上も物騒になっており、安易にクレジットカード番号を入力してしまえば不正利用されてしまうリスクもあります。携帯キャリア決済であれば、クレジットカードと同じように利用できて、不正利用のリスクも全く無いので安心して利用できます。携帯電話会社が購入した商品の費用を一時的に肩代わりして支払い、携帯電話の利用料と一緒に後日請求してくるので、その日まで実際にはお金を支払う必要がありません。

ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い」

大手携帯キャリアの中でも人気が高いソフトバンクですが、ここでも他の大手キャリアと同じようにキャリア決済サービスが準備されています。ソフトバンクまとめて支払いという名前のサービスで、キャリア決済に対応した商品やコンテンツなどを手軽に購入することができます。

一見すると非常に便利なサービスなのですが、もちろん誰でも自由に好きなだけお金を使えるわけではありません。携帯電話の契約者ごとに利用できる限度額が設定されていて、最大でも10万円までしか利用できません。この限度額は1ヶ月毎にリセットされるので、翌月はまた限度額いっぱいまで決済機能で商品を購入することができます。10万円というのは、よほど長期間契約していて、その間一度も携帯料金の支払いを滞納したりトラブルを起こしたことのない人に限られます。ソフトバンクまとめて支払いは契約者を信用して携帯キャリアが一時的にお金を貸してくれるようなものなので、いかに信用を損なわないかが重要になります。信用度が高い契約者ほど当然利用できる限度額が高くなり、信用を損なう行動をしてしまえば驚くほど限度額を引き下げられてしまいます。つい先月まで10万円分利用できていたはずなのに、今月はなぜか1万円分しか利用できなくなっていることもあります。このように、急に限度額が引き下げられてしまった場合には様々な理由が考えられます。

ソフトバンクまとめて支払いが減額されてしまったら

まず減額されるまでに携帯電話の料金を正しく支払っていたかを確認しましょう。携帯電話会社と契約者との信頼関係を最も損なってしまうのが、料金の滞納です。サービスを利用すればそれに見合った料金を支払うのは当然のことで、支払いを遅らせたり何ヶ月も滞納を続けていれば支払いを先延ばしする決済サービスは利用させてもらえません。携帯電話会社も肩代わりした決済代金を踏み倒される危険が大きいと判断するため、限度額を1,000円や10,000円などに減額せざるを得ないのです。また、クレームなども信頼関係を損ないやすいので減額の対象になってしまう可能性が高いです。契約者が携帯電話会社に対して何らかのクレームを付けた場合、その内容によっては一気に減額されてしまう事例も確認されています。どんなクレームだと減額されてしまうのかははっきりしていませんが、特に料金に関わる内容だと決済サービスに影響する可能性が高くなるので注意しておきましょう。ソフトバンクまとめて支払いの限度額減額に関しては、ソフトバンクのコールセンターなどへ問い合わせても明確な回答をもらえないことがほとんどです。問い合わせても料金を滞納したことがあるかを聞かれるだけで、滞納していないと答えるとうやむやに説明されて終わるケースが多いです。中にはスマホに機種変更したタイミングや、契約プランを変更しただけで減額されてしまったという声も寄せられているので、それぞれのケースごとに減額理由は異なるというのが現実です。

もし料金の滞納をしていないのにソフトバンクまとめて支払いが減額されてしまった場合は、携帯電話会社の操作ミスである可能性もゼロではないので、まずはコールセンターに連絡して尋ねるようにしましょう。酷い時には1,000円ほどに設定されてしまい、ほぼ使えない状態になってしまうこともあるので注意が必要です。マイページからいくらまで決済サービスを利用できるか確認できるので、こまめにチェックしておきましょう。

ソフトバンクまとめて支払いでJCBギフトカードを購入する方法

日本では、年収が低く、貯金もできない人が増えています。貯金がないと、いざという時に困ります。生活していると、病気などで思わぬ出費が重なることがあり、カードを持っている人はカードで急場をしのぐケースも多いです。

会社員であれば、年収が低くてもカードを作ることは難しくありません。クレジットカードを持っていれば、突然の出費にも対応できます。クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

お金を借りる場合は、キャッシング枠の限度内で借ります。しかし、中にはキャッシング限度額まで借りてしまい借りられない人もいます。そのような場合に、現金化という方法を利用する人もいます。

クレジットカードの現金化というのは、直接カードを現金に換えることではありません。ショッピング枠を利用して商品を購入し、その商品を現金に換えるのです。自分で商品を売る人もいれば、専門の業者を利用する人もいます。

専門業者は手数料がかかる

専門の業者に頼むと、楽に現金化できるため、活用している人は多いです。ただ、その場合は手数料がかかります。クレジットカードを持っている人は、すでに審査をクリアしてカードを持つことができています。ですから、審査などの手間がかからず、スムーズに現金化することが可能なのです。

専門の業者を利用すれば、基本的に即日入金されます。そのため、急にお金が必要になった人にとっては非常に便利なのです。ネットバンクに口座を持っている人であれば、さらに便利です。換金率は、業者によって異なります。ですから、事前に業者を比較して、換金率やサービス、実績などをよく調べてから利用することが大事です。専門業者の中には悪質な業者もいるので、注意して信頼できる業者を選ぶことが大切です。

クレジットカードの現金化よりも、もっと気軽に利用できると注目を集めているのが、携帯決済の現金化です。携帯決済の現金化も、クレジットカードの現金と似ています。携帯の決済機能を利用して商品を購入し、その商品を買取ってもらうのです。購入した商品の代金は、翌月の使用料金と合わせて請求されます。

日本には、3大キャリアと呼ばれる携帯会社があり、キャリアごとに携帯決済の限度額が決められています。キャリアの中には、契約月数によって細かく決済枠が決まっている会社もあります。

便利だと注目を集めているのが、ソフトバンクまとめて支払いです。ソフトバンクまとめて支払いは、スマートフォンやパソコンなどで購入したショッピングやデジタルコンテンツの代金などを、月々の携帯電話の利用料金とまとめて支払うことができる決済サービスです。利用可能額や利用制限については、ホームページから確認することができます。

ソフトバンクまとめて支払いとは

ソフトバンクまとめて支払いは、期限内の支払いが確認できない場合や、滞納によって利用が停止状態の場合は使えません。ソフトバンクまとめて支払いを利用する場合、利用者の認証の他に、暗号番号の入力も必要になります。ソフトバンクまとめて支払いでJCBギフトカードなどの商品券を購入し、現金化する人は少なくありません。

数ある商品券の中でも、JCBギフトカードは昔から有名です。JCBギフトカードは、贈り物にも喜ばれる商品券で、とても人気があります。
最近は、大手ネット通販の電子ギフト券なども有名になっていますが、知名度でいえばJCBギフトカードの方が上です。ソフトバンクまとめて支払いの利用限度額は、契約年数が3か月を過ぎた満20歳以上の人ならば、10万円になります。ただ、支払いが遅れると、限度額が低くなるケースもあります。

ソフトバンクまとめて支払いを利用する場合、すべての手順をインターネット上で行うことができます。ですから、日本中どこにいても申し込むことができるのです。24時間営業の店もあり、困ったことがあれば、すぐに対応してくれます。

まとめ

キャリア決済では、支払い方法は一括払いのみです。クレジットカードの場合、リボ払いも可能ですが、携帯決済にはリボ払いや分割払いがありません。利用した料金は、すべて一括で支払うことになるので、計画的に利用することが大事です。