ドコモケータイ払いを使ってすぐに商品券を購入する方法

最近、キャリア決済ってよく耳にしませんか?キャリア決済とは、対応したショッピングサイト等での支払を翌月の携帯電話使用料金に合算できる便利な支払い方法です。ドコモユーザーの方なら、ドコモケータイ払いがあります。ドコモケータイ払いを利用すれば、クレジットカードがなくても、商品をネットですぐに購入することができます。最近では、Amazonでの買い物にも対応し、利用できるお店はどんどん増えていっています。今回は現金がなくても、ドコモケータイ払いで商品券を購入する方法を紹介します。

現金以外で商品券って買えるの?

通常、金券ショップなどでは商品券は現金でしか購入出来ません。しかし、キャリア決済を使えばネットショップで決済が出来るうえに、クレジットカードのように支払いを翌月まで先延ばしすることが可能です。用意するのは次の2つだけです。- キャリア決済枠のある携帯電話- 各キャリアから審査不要で発行されているプリペイドカードキャリア決済枠はドコモの携帯電話をお持ちなら自動で付与されています。プリペイドカードは携帯電話を契約した際に作られた方が多いのではないでしょうか。もし、お持ちでない場合は、ドコモショップに行けば無料ですぐに作れます。意外と便利なので持っていて損はないので是非この機会に作ってみてください。プリペイドカードが用意できれば購入まであと少し。まずは電話料金合算払いを利用してプリペイドカードにチャージします。

チャージが完了すれば商品券をクレジットカードで購入できるサイトを利用して、商品券を購入するだけです。似たようなサイトはいくつかありますが、この金券ねっとは対応が丁寧で評判の商品券通販サイトです。もちろん、普通のクレジットカードを利用して購入することも出来るので場合によって支払い方法を変えることができます。心配な方は、どのようなシステムになっているのか電話で問い合わせをして対応を見てみるのも良いです。

ドコモケータイ払いの穴非常に便利なキャリア決済ですが、万能ではありません。どのような状況でも対応できるものではないことを理解しておきましょう。

ドコモケータイ払いの利用限度額について

利用額は最大10万円まで利用できる上限金額は通常は1万円から5万円であり、条件を満たせば10万円になりますが、それよりも増やすことはできません。使い過ぎを防げるメリットでもありますが、10万円を超える金額が必要になったときは足りないのでクレジットカードでの支払いに変更しましょう。また、支払いのタイミングは決まっており、利用残高のリセットは毎月1日になってます。当月に上限まで使った後はリセットされるまで新たに買い物は出来ません。裏技ではないですが、家族の了承を得ている場合は携帯電話1台につき、それぞれ利用限度額が定められているので家族名義で購入することもできます。

ドコモケータイ払いについて注意した方が良い点

支払いについてドコモケータイ払いの支払いに関しても注意しなければなりません。電話の利用料金と合わせて一括での支払いになるので、お金が足りないと不払いになります。一時的に不払いになること自体はそれほど珍しいことではなく、即座に電話が使えなくなることはありません。しかし、督促状に記載された支払期限に間に合わないと利用停止になるので、すぐに払えるようにしましょう。もし2か月以上も払えないでいると、強制解約されてしまい、ブラックリストにも載ってしまうペナルティがあります。つまり、一時的にお金が足りないときには有効な利用方法ですが、使ったお金を分割でなければ払えないときに利用するものではありません。なお、ブラックリストに載る前に支払った場合でもドコモから信用を失ってしまうので上限が引き下げられます。余力があるのにうっかり口座への入金を忘れたりしないようにしましょう。違法性のないドコモケータイ払いの現金化ですが、カード会社やドコモは換金目的での商品購入を規約で禁止しています。逆に言えば、プレゼント目的での購入は問題ありません。さらに購入した商品券をどのように使用したかなど、カード会社は追うことが出来ませんので、余った商品券を金券ショップに持ち込んでちょっとしたお小遣いにすることも可能です。このようにドコモケータイ払いは利便性は高いですが、一括でなければ払えない等不便な点もあります。緊急の際には手段を選んでいる余裕がありませんが、時間ができたときに継続して使うか、他の方法で安全にお金を借りるか検討しましょう。

ドコモケータイ払いの限度額を増やすには

ドコモケータイ払いというのは、ドコモのサイトで買い物を行い、その商品代金を携帯電話の利用料金と一緒にまとめて翌月に支払うことができるという決済方法です。ある意味で、クレジットカードによる買い物と同じような意味合いがあります。クレジットカードで買い物をした場合でも、当然ながらその場では現金を支払う必要がありません。1カ月分の利用代金をまとめて翌月以降に銀行口座から引き落としてもらう方法で決済することになります。その場では現金を用意する必要がなく、後日支払うことができるという意味で、ドコモケータイ払いとクレジットカードは似たところがあります。

ところで、クレジットカードが無制限にいくらでも使えるわけではないのと同様に、ドコモケータイ払いにも利用できる限度額というものがあり、その限度額に達するとそれ以上は利用できません。当然ながら限度額というのは高ければ高いほどありがたいものでしょうが、一体いくらに設定されているのでしょうか。またそれを増やすにはどうすればよいのでしょうか。

クレジットカードの限度額を増やす方法

クレジットカードの話をしましたので、クレジットカードの場合にどうなっているかを見てみましょう。クレジットカードの場合は、入会時には審査が行われています。その人の年収、勤務先、役職、勤続年数、さらには持ち家があるかどうか、未婚か既婚か、家族と同居しているかそれとも単身暮らしなのかといった属性を元にして審査が行われます。またこれらの属性だけによる審査ではなく、これまでに他のクレジットカードの代金支払いを遅らせたことがないかなどといったことの確認も行われます。このように相当に厳格な審査を経て、利用限度額というのがカード会社によって定められます。結局、その人であれば1か月間にどれくらいまでなら使っても問題なく支払えそうかというそのさじ加減によって決まるわけです。この金額は人によって様々なわけですが、だいたい数十万円レベルというのが普通でしょう。

ドコモケータイ払いは審査がない?

ところがドコモケータイ払いの場合は、携帯電話の契約時にそのような審査が行われているという話は聞いたことがありません。実際にもされていません。となると、そんなに大きな金額にしては、もしかすると支払えないようになる人も多くなってしまうかもしれません。それはその人にとっても困りますが、一番困るのはドコモ自身です。ですから、そんなに高い金額には設定されていません。また、クレジットカードの場合にはその人の属性によって高くもなれば低くもなりますが、そもそもドコモケータイ払いの場合は属性の審査を行っていないのですから、人によって差のつけようがほぼありません。ということで、基本的には全員一緒です。その金額は1万円です。クレジットカードの場合と比べると、まさに一桁違う小さい金額になっていることが分かります。

クレジットカードは優良顧客が限度額アップの対象

そして、その限度額を増やす方法ですが、これもクレジットカードの場合を例にとって話をしましょう。クレジットカードの場合は、そのカードを良く利用すること、そして支払いに遅れたりすることのないようにすることで、限度は上がっていきます。例えば月に20万円であった人でも、毎月15万円程度はコンスタントに使い、かつ返済に遅れるようなこともなければ、1年後には月に30万円にアップされるといった具合です。要は、そのカードの優良顧客であるような人がアップの対象となるのです。

ドコモケータイ払いは滞納せず、4か月以上継続すれば上限が上がる!

ところがドコモケータイ払いの場合には、これは当てはまる部分もありますが、全てが当てはまるわけではありません。クレジットカードの場合はカードを利用して買い物をすることが本来の用途です。本来の用途に照らして優良な顧客を優遇していくのはいわば当然の企業戦略です。一方、ドコモの場合は、あくまでも通信、つまり電話での通話やネットの利用などが本来の用途であり、ケータイ払いで商品を購入するというのは本来の用途からすると少し外れています。そのため、ケータイ払いを良く利用してくれる人を特別に優遇していくことでドコモの企業としての利益につながるのかというと、それは疑問な部分もあります。ということで、良くドコモケータイ払いを利用するからといって直接に限度額がアップされるわけではありません。

しかし、毎月の利用金額が1万円までというのはいかにも少ないでしょう。そこで、ある程度ドコモの携帯を継続して利用しており、かつ代金の支払いに遅れたこともないような人には、ケータイ払いの利用状況にかかわらず全員一律にアップさせる仕組みが取られています。具体的に言うと、ドコモと契約して3か月目までは月に1万円です。4か月目からは月に3万円にアップします。そして、25か月目以降はこれが5万円にアップすることになっているのです。ということで、どうやったら限度額を増やせるのかという質問に対する答えとしては、携帯代金の支払いを滞らせることなく、4か月以上、あるいは25か月以上継続してドコモを利用すること、ということになります。

ドコモケータイ払いでJCBギフトカードを購入して現金化する方法

携帯電話は連絡手段として使える便利なツールです。最近ではインターネットサイトを気軽に閲覧することができ、ネットショッピングやゲームなどの娯楽コンテンツを利用する機会も増えています。今では小学生でも携帯電話を所持していることがあり、高校生以上の携帯電話所持率は90%以上です。自宅にいながら欲しいものが簡単に購入できるネットショッピングですが、利用するともちろん代金決済を求められます。

通常はクレジットカード払いや銀行振込、代金引換などの決済方法を利用するのですが、大手携帯会社と契約していればケータイ払いで代金決済できます。ケータイ払いは代金決済を一時的に携帯会社が負担してくれます。月末にケータイ払いで利用した金額が精算され、翌月に携帯料金と合わせて請求されます。ケータイ払いを選択できるサイトでのみ利用することができ、暗証番号を入力するだけで瞬時に決済されます。ケータイ払いは大手携帯会社が提供しているサービスです。

ドコモのケータイ払いとは?

ドコモだとドコモケータイ払いという名称で知られています。通常は1万~3万円までの利用上限が定められており、上限を満たすことで10万円近い金額を利用できます。ドコモケータイ払いは任意で利用上限金額を変更できるので、保護者が子供に携帯を持たせる時などに使い過ぎを防止できます。ドコモケータイ払いはドコモと契約して正規のSIMカードを利用していることが利用条件になります。ドコモの携帯端末を利用していても、本体に挿入するSIMカードがドコモの正規SIMカードじゃないと利用できません。

最近流行りの格安SIMではこのサービスが利用できません。ドコモケータイ払いは使いやすく便利なサービスなので、SIMカードの契約を見直す時は良く考えておきましょう。携帯電話はインターネットとドコモケータイ払いができることを利用して、緊急時に現金を手に入れる手段として使うことができます。例えば、最も簡単な方法はドコモケータイ払いを利用してネットショッピングをすることです。購入した商品を買取店などで現金化すれば、自由に使えるお金が簡単に手に入ります。

買取店での買取相場は良くても定価の80%程度なので損することになりますが、それでも自由に使えるお金を得られるのは大きなメリットだと言えます。また商品券を購入することも出来ます。ショッピングサイトでは様々なギフトカードやプリペイドカードを販売していますが、実際の店舗で利用しやすいJCBギフトカードは需要が高く人気です。特に有効期限が存在しないという点が魅力的で、利用できる施設やサービスの対象も多いので、ほとんど現金と同等の価値があります。キャリア決済での商品券購入には必要なものがいくつかあります。

ドコモのケータイ払いで商品券を購入する方法は?

まずはドコモの携帯電話。それとドコモ発行のプリペイドカード『dカード』が必要になります。そのふたつが用意出来れば、まずはdカードにドコモケータイ払いを使って残高をチャージします。dカードの残高があれば、通常のクレジットカードと同じように使えますので、クレジットカードで商品券が購入できるサイトにアクセスして買い物をします。こちらのサイトなら商品が最短翌日には届くので急いでいる場合も安心ですね。金券ショップなら様々な金券の取扱があり、買取と販売をしています。買取では需要の高い金券を額面金額の約90%以上で買い取ってもらえます。

需要が高く人気のあるJCBギフトカードを購入して金券ショップに持ち込めば、地域によりますが、額面金額の約95%で買い取ってもらえます。金券ショップを利用しない方法だと、ネットで出品して売る人もいるようです。この方法だと額面金額以上の価格でも売れることがあります。

普通は定価で買った方が賢いのですが、一部の地域では金券が販売されていないことがあります。ネットで定価購入するにしても送料が掛かってしまうので、出品されている金券が代金と手数料を合わせて安いと判断されれば購入者が現れるという訳です。他にも、支払い方法に切手などの現金以外で価値のある物を選択できるようにすると、高く買ってもらえることがあります。購入者側の視点は出品者側には分からない部分もありますが、こうした取引は需要があるということです。支払いで受け取った切手などは金券ショップに持ち込んで換金しても良いですし、自分で使っても良いでしょう。

まとめ

ドコモケータイ払いで金券を購入して現金化するというのは、キャッシングやローンカードを利用して現金を借り入れる行為に近いと言えます。キャッシングやローンカードを利用すると手数料や利息を取られてしまいますが、ドコモケータイ払いはそういったものは無いのでお得に利用できます。現金化は一時的にお金に余裕ができますが、翌月にしっかり返済しないと携帯を止められてしまうので注意しましょう。請求された携帯料金は普段と同じように支払いをすれば大丈夫です。ドコモケータイ払いは便利なサービスですが、使い過ぎると金銭感覚が麻痺してしまいます。翌月の請求金額をしっかり考えて利用しましょう。