商品券は通販ならクレジットカード・携帯キャリア決済で購入が可能

ちょっとしたお礼やギフトに最適な商品券 ちょっとしたプレゼントやお礼やギフトに悩んだ経験があるという人は多いのではないでしょうか。そんなときに役立つのが商品券です。食品や物を贈るとなると相手の好みや贈るシチュエーションなどを考えなければなりませんし、選ぶ手間や時間も要します。商品券なら選ぶ時間や手間も不要ですし、万人に喜ばれるギフトなので安心感があります。ギフト選びに困った際のとても心強い存在となってくれます。 通販ならクレジットカードや携帯キャリア決済で購入が可能 商品券は通販サイトで手軽に購入することが出来ます。クレジットカードや携帯キャリア決済が可能なところも多いので、とても便利です。即日発送のところもたくさんあり、いざというときにとても役立ちます。通販サイトを選ぶ際は、品揃えの豊富さ、迅速で丁寧な対応をしてくれるかどうか、知名度や信頼度や顧客満足度の高さや評判の良さや実績の豊富さ、安全で安心なサービスやサポートを受けることが出来るかどうかなどがあります。ランキングや口コミなどを参考にして選ぶのも良いでしょう。それぞれ特徴やコンセプトが異なりますので、しっかりと比較して最適なお店で商品券を購入しましょう。

金券ねっと

携帯キャリア決済なら手数料が0円で買い物できる!

大半の方が利用している大手携帯電話会社の携帯電話やスマートフォン(キャリア携帯)には、携帯キャリア決済機能という便利なサービスが付いています。この機能はキャリア携帯電話の端末を利用してキャリア決済に対応したオンライン上のショッピングサイトにアクセスすれば、携帯電話会社が一時的に商品の購入代金を立て替えてくれるという便利なサービスです。

携帯キャリア決済方法

ショッピングサイトで商品を選んで購入手続きをする時に、支払方法として利用している携帯電話会社のキャリア決済を選択し、携帯電話会社のポータルサイトなどで登録した4桁の暗証番号を入力するだけで支払いの手続きが完了します。代金は翌月に携帯電話の通信料と一緒に電話代として請求されます。

携帯キャリア決済機能の最大の魅力

登録手続きが不要で手数料が一切かからないことです。各社とも決済サービスの登録料や月額利用料は0円です。オンラインショップなどで決済サービスを利用した際の手数料も0円です。年会費無料のクレジットカードと同じように、利用者は購入した商品の代金以外の費用を支払う必要がありません。サービスを利用する際の登録手続きも不要で、キャリア携帯電話に契約するだけで自動的に決済サービスが利用できるようになっています。携帯電話の利用者が未成年者や学生でも、携帯キャリア決済サービスが利用できます。そのため携帯キャリア決済サービスは、クレジットカードを持つことができない10代の学生の間で人気を集めています。携帯キャリア決済機能が使える携帯電話会社はNTT docomo、au、Softbank、Y!mobileの4社です。ちなみにSoftbankとY!mobileについてはサービス内容が同一です。いずれも毎月決済に利用できる上限金額が決められていて、基本的なサービス内容はほぼ同じで、いずれの携帯電話会社でも手数料が0円で利用できます。

毎月利用可能な限度額の範囲や締日・請求日について

携帯電話会社ごとに違いがあります。

  • NTT docomo(ドコモケータイ払い):月末締めで翌月末払い、限度額1万円~5万円
  • au(auかんたん決済):月末締め、翌25日払いで限度額1万円~10万円
  • SoftbankまたはY!mobile(ソフトバンクまとめて支払い):10日締めで翌16日払い、20日締めで翌26日払い、月末締めで翌6日払いのいずれか、限度額1万円~10万円ちなみに利用者が未成年の場合には、各社とも毎月の限度額が最大で1万円までとなります。

NTTドコモの場合は電話代との合計額なので、限度額が1万円であれば携帯キャリア決済で利用できる金額は1万円未満となります。各社とも締日の直前に決済サービスを利用したとしても、代金の支払いは約1ヶ月後です。締日の直後に買い物をすれば、請求日は約2ヶ月後ということになります。一括払いのクレジットカードと同じように手数料が0円なので、商品を購入してから請求日までの間は無利子でお金を借りるのと同じです。オンラインショッピングで携帯キャリア決済機能を利用することもできますが、携帯電話料金をクレジットカード払いにしたり、携帯電話会社が独自に発行するポイントを活用することで、もっと便利に利用することができます。

クレジットカードと携帯キャリア決済を組み合わせることで、代金請求までの期間を1~2ヶ月程度遅らせることができる

毎月の電話代の支払いをクレジットカード払いにすれば、オンラインショッピングで携帯キャリア決済で代金を支払ってから1~2ヶ月後に利用した代金が電話代としてカード会社に請求されます。利用者にクレジットカードの代金が請求されるのはカード会社の請求日よりも1~2ヶ月後です。クレジットカードの支払い方法を一括払いに指定すれば、カード会社に支払う手数料は0円です。電話代の支払いをクレジットカード払いにすることで、3ヶ月以上の期間にわたり携帯電話会社とクレジットカード会社に手数料無料でショッピングの利用代金を立て替えてもらえることになります。携帯キャリア決済は手数料が0円ですが、携帯電話会社が発行するポイントを活用することで、決済金額に応じたポイントをもらう方法があります。手数料が0円であるだけでなく、使えば使うほどお得なのです。ポイントの利用方法やポイント付与率は会社ごとに異なります。ポイントを利用する場合には、登録料・年会費無料のポイントクラブに入会して、それぞれの携帯キャリア決済機能でポイントを購入してチャージします。

チャージしたポイントで買い物すれば決済金額に応じたポイントがもらえる

ポイント付与率やポイントの利用方法は携帯電話会社ごとに違います。

NTT docomoのdポイントの場合

電話代の支払い時も含めて200円ごとに1ポイント(0.5%相当)が付与されます。ポイントはオンラインショッピングの支払い以外にも電話代の支払いにも利用可能です。キャリア決済機能を利用してポイントを購入することが可能です。

au WALLETの場合

ポイントを利用して支払う際に、200円につき1ポイント(0.5%相当)が付与されます。付与されたポイントを利用すれば、オンラインショッピングなどの支払いに利用できます。キャリア決済機能でポイントをチャージすることができます。

ソフトバンクまとめて支払いの場合

キャリア決済機能を利用してプリペイドカードのポイント(プリペイドバリュー)ができます。200円ごとに1ポイント(0.5%相当)が付与されます。

キャリア決済で購入したポイントを使ってプリペイドカード決済した方がお得

ショッピングサイトを利用する際に携帯キャリア決済機能で支払いをすることもできますが、キャリア決済機能を利用して購入したポイントを使ってプリペイドカードとして決済をした方がお得です。毎月利用可能な携帯キャリア決済の限度額は1万円~10万円程度ですが、ポイントの積立をすれば10万円を超えるお買い物ができます。手数料が0円で審査不要の携帯キャリア決済サービスと携帯電話会社のプリペイド機能を上手に組み合わせれば携帯キャリア決済対応のショッピングサイトだけでなく、実店舗でのお買い物にも利用できます。携帯キャリア決済の利用料が0円で代金が請求されるのが1ヶ月以上先であることを活用すれば、一括払いのクレジットカードとして使う裏技が存在します。クレジットカードを持つことができない未成年や学生の方でも、携帯キャリア決済サービスとプリペイドカードを組み合わせることで、実質的に一括払いのクレジットカードと全く同じサービスが利用できます。携帯キャリア決済機能を活用してクレジットカードとして利用する方法ですが、各携帯電話会社が発行するVISAまたはMastercard機能が付いたプリペイドカードにキャリア決済機能でポイントをチャージします。VISAまたはMastercard加盟店であればオンラインショッピングの他にも国内外の多くのお店でショッピングに利用できます。プリペイドカードを利用した際に利用残高に応じてポイントが付与される点でも、クレジットカードと同じです。携帯電話会社ごとにプリペイドカードの種類や機能に違いがあります。各社とも毎月自動的に携帯キャリア決済機能でポイントをプリペイドカードにチャージするオートチャージ機能があるので、毎回端末を操作してチャージする手間を省くことができます。

NTT docomoのdプリペイドカード

ドコモショップに行けば、誰でも手数料無料で発行できます。dポイントをチャージすれば、全国のiDまたはMastercard加盟店で利用できます。dポイントは携帯キャリア決済機能の他に現金、クレジットカード、ネットバンキングなどで最大30万円分までチャージすることができます。海外のMastercard加盟店でも利用できます。オンラインショップでのみ利用する場合には、Visaプリペイドカードも利用できます。

au WALLET

Mastercard機能が付いたプリペイドカードで、auかんたん決済やじぶん銀行、auポイントなどを利用して最大10万円までチャージできます。日本国内外のMastercard加盟店で利用できます。

ソフトバンクカード

VISA機能が付いたプリペイドカードで、ソフトバンクまとめて支払いでチャージすることができます。ソフトバンクカードの最大のメリットは最高で100万円分までチャージ可能である事と、全世界で加盟店が一番多いVISA機能が付いていることです。海外旅行に行く場合には、ソフトバンクカードがおすすめです。

いずれのプリペイドカードも無審査で誰でも利用でき、登録料や年会費は0円

VISAまたはMastercardが使える実店舗・オンラインショップで一括払いのクレジットカードと同じように利用できますが、月額料金の支払いや、ガソリンスタンドやタクシーなどサービス利用後に料金が確定するような支払いには利用できません。dプリペイドカードやソフトバンクカードはチャージ可能な限度額が高額なので、手持ちのクレジットカードの限度額が少ない方でも、高額の商品を購入する際に利用できます。クレジットカードの申し込みができない学生や未成年者でもオートチャージ機能を活用することで、クレジットカードと全く同じようにショッピングに利用することができます。プリペイドカードでも支払い金額に対して0.5%の割合でポイントが付与されるので、手数料が0円で後払い機能が利用できるだけでなく、現金払いよりもお得です。貯まったポイントはプリペイドカードにチャージしてお買い物に利用することができます。ちなみにNTTドコモのdポイントは電話代の支払いにも利用できます。基本的に携帯キャリア決済機能はショッピングのためのサービスです。一部のオンラインショップやオークションサイトなどを利用すれば、Amazonギフト券やJCBギフトカード・全国百貨店共通商品券などの商品券を購入することもできます。

金券ねっと

携帯キャリア決済サービスは、急にお金が必要な場合にキャッシングの代わりに使うこともできます。

キャリア決済の現金化が携帯会社にバレたらどうなる?

携帯電話のキャリア大手3社では、いずれも携帯キャリア決済を利用できます。具体的にはドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いといったサービスのことです。ネットショッピングなどで欲しいものがあるとき、一定の金額までを携帯会社が立て替え払いしてくれるサービスで、その料金は毎月の携帯代と一緒に引き落とされます。
現金もクレジットカードも必要ないので、ちょっとした買い物には便利に使うことができます。

携帯キャリア決済ができる金額は、携帯会社によって上限が決まっています。一般には契約期間が長い人ほど、上限金額が大きくなっています。携帯会社から見れば、携帯キャリア決済とは利用者を信用してお金を貸すのと同じことですから、ある意味これは当然のことです。長い間契約して信用度が高い人には、それだけ多くのお金を融資することができます。反対に過去に滞納歴などがあって、信用できないと判断された人は、携帯キャリア決済の枠も小さくなってしまいます。

携帯キャリア決済で現金を手に入れる方法

携帯キャリア決済を利用して、現金を手に入れる方法が知られており、キャリア決済の現金化と呼ばれています。方法は単純で、携帯キャリア決済でネットショップから商品を購入し、すぐに転売するだけです。といっても普通の商品は中古になると大幅に値段が下がってしまうため、利用すればするほど大損をしてしまいます。そこでJCBギフトカードや全国百貨店共通商品券など、転売しても値段の下がりにくい商品を購入します。このような商品券の類なら、街の金券ショップへ持って行っても、それなりの値段で売ることができます。もちろん購入価格よりは下がってしまいますが、現金を手にするために必要な金利と考えれば良いでしょう。

多くの場合、携帯キャリア決済の現金化サービスは、ネット上で専門の業者が提供しています。つまり商品を売るのも買うのも、同じ業者が行っているわけです。このような業者は、カテゴリーとしては古物商にあたりますが、一種の金融業者と考えることもできます。利用者にすれば、ネットだけで取引が完結し、ワンストップで簡単に現金を手に入れられるので便利なサービスです。ただし悪徳業者の中には、ほとんど何の価値もない商品を売りつけたり買い戻したりしているところもあります。このような業者はリスクが高いので、利用するのはお勧めできません。広く流通しているギフトカードなどを販売している業者を選ぶべきでしょう。

携帯キャリア決済の現金化は、当座必要なお金が足りないとき、一時的に用立てるのに便利です。しかし購入額と売却額の差が大きいほど損をするので、換金率には注意しなければなりません。商品の質が悪いと、換金率は5~6割にとどまる場合があり、あまり実用的とは言えません。人気のある業者では9割以上というところもありますが、高すぎる業者にも注意する必要があります。というのは手数料や消費税など、不透明な費用が引かれるケースもあるからです。実績がなく名前の知られていない、新しい業者には要注意と言えます。口コミサイトなどを探して、できるだけ換金率が高く、信用のある業者を選んでください。

現金化への注意点

メディアなどでは、携帯キャリア決済の現金化の合法性が問題にされる場合があります。形の上では自由な商品の取引ですから、違法性はまったくないように見えます。もちろん業者が古物商の免許を持っていなければ、中古品を仕入れることができないので、違法になる可能性があります。しかし金券ショップなどの業者が携帯キャリア決済の現金化を行うのは、本来は何の問題もありません。したがって合法か違法かと言われれば、完全に合法ということになり、業者が罪に問われることはありませんし、利用しても逮捕されたり起訴されたりする心配はありません。

それでも携帯キャリア決済の現金化が社会問題になるのは、実質的には金融業に近いということが理由になっています。利用者は商品券を購入するのが目的ではなく、とりあえず現金を入手するのが目的です。そして現金が手に入っても、次の締切日には携帯会社へ返済しなければなりません。たとえ換金率が9割以上だとしても、1か月で1割程度の金利を取られるわけですから、もし消費者金融であれば違法的な高金利です。こういう実態があるため、社会から厳しい目を向けられることがあります。

携帯キャリア決済は携帯電話の契約さえあれば利用でき、クレジットカードのような審査は必要ありません。そのためカード審査に通らないような年収の低い人や、過去に滞納などの金融事故を起こした人でも、利用可能な場合があります。消費者金融に借金を申し込めないような人でも、利用できる可能性があります。これは消費者にとってはありがたいサービスですが、携帯会社から見ると滞納リスクがきわめて高いと考えられます。現金化する業者にはリスクはなく、万が一利用者が返済不能となったときは、損害は携帯会社がかぶることになります。

このような理由があるため、各携帯会社の携帯キャリア決済の利用規約では、現金化を目的とした利用はできないと定められています。そして換金を目的とする商品取引を行った場合、またその疑いがあると会社が判断した場合は、サービスの利用が停止されることになっています。決済ができなくなり、融資したお金が返ってこなくなることは、キャリアにとって最大のリスクですから、現金化の禁止はやむを得ないことかもしれません。

それでは携帯キャリア決済の現金化が携帯会社にバレるとどうなるのでしょうか。まず考えられるのは、それ以後は携帯キャリア決済が使えなくなることです。個人情報が会社に握られているため、別の端末を契約したとしても、同じ名義で携帯キャリア決済は使えないと考えたほうが良いでしょう。しかしキャリア決済の停止だけで済めば、処分としては軽いほうかもしれません。現金化がバレると、携帯電話そのものの契約を解除される恐れがあります。さらに最悪の場合は、いわゆるブラックリストに載ってしまい。他の契約もできなくなる可能性があります。

契約するかしないかはキャリアの判断次第

携帯キャリア決済の現金化は違法ではないものの、契約するかしないかはキャリアの判断次第なので、解除されても利用者から文句を言うことはできません。もし携帯料金を長期間滞納していたり、会社からの問い合わせを何度も無視したりしていると、重い罰則を受ける恐れは高いでしょう。では現金化は絶対にしてはいけないのでしょうか。他のクレジットカードや金融サービスが利用できず、どうしても短期間だけ現金が足りなくなることはあり得ます。そんなとき携帯キャリア決済の現金化が、救い主になる場合もあるでしょう。

要するに現金化がバレることさえなければ、罰則を受けることもありません。普通はネットショップで何を買っても、いちいち携帯会社が調査するわけではありませんから、バレる可能性は低いと言えます。それでもバレるとしたら、あまりにも不自然な取引を繰り返している場合です。つまり同じ業者から何度も繰り返して金券を購入していれば、不自然に思われる確率は高くなります。現金化を専門にしている業者の名前は、ネットを調べれば簡単に分かりますから、ごまかすことは難しいでしょう。

またバレるリスクが高いと考えられるのは、購入した金券を自分で受け取らず、ギフトの形で業者へ直接送付する取引です。多くの現金化業者は消費者の利便性を考えて、こうした形の取引を用意しています。当然このほうが手間がかかりませんし、現金を入手するまでの時間も短縮できるので、利用している方も少なくありません。しかし送付する相手のアドレスが現金化専門の業者であれば、換金目的が一発でバレることになり、どんな言い訳も通用しないでしょう。バレるリスクを回避したいなら、多少面倒でも購入した商品は自分で引き取り、改めて業者へ売却する形を取ることです。

使わなくなった金券やギフト券を転売するのは普通の取引ですから、文句を言われる筋合いはありません。最初から現金化する意図があったかどうかは、利用者だけが知っていることで、誰にも証明することはできません。キャリアから問い合わせがあっても、現金化が目的ではなかったと主張すれば問題ないでしょう。他に料金の滞納などがなければ、実際に処分される恐れは低いと言えます。携帯会社からのペナルティを回避するには、利便性や換金率だけにこだわらず、以上のような工夫ができるかどうかを確かめることも必要です。

まとめ

今のところ携帯キャリア決済の現金化には、次第に風当たりが強くなる傾向があり、キャリア各社も厳しい姿勢を見せ始めています。規約が改正されて利用しにくくなるケースもあって、今までは問題なく換金できていても、今後は目を付けられる可能性があります。違法な取引ではないので、必要以上に萎縮することはありませんが、できるだけバレないようにすることが無用のトラブルを避けるコツと言えます。キャリア各社も激しく顧客の争奪戦を繰り広げていますから、小さな問題点をあげつらうことは少ないと考えられますが、疑われないに越したことはありません。

携帯キャリア決済の現金化は、緊急時に現金を用立てるには便利な手段ですが、安易に多用するのは避けたほうが良いと言えます。なんといっても高金利ですし、まだ広く社会に認知された業界ではないので、悪徳業者も少なからず存在します。業者を選ぶときは換金率の高さだけでなく、信頼性をチェックすることが大切です。もちろんキャリアにバレないような配慮ができているかどうかも、着目すべきポイントのひとつです。信用できる業者を探すこと、無理せず必要最小限のお金を融通してもらうことを心がけましょう。上手に利用すれば、誰にも迷惑をかけずにピンチを凌ぐことができるでしょう。

キャリア決済現金化業者でよく目にする古物商許可番号とは

携帯キャリア決済利便性

誰もが持っている携帯電話を活用して現金をすぐに手にすることができる方法として、最近は携帯キャリア決済が注目を集めています。どうしても急にお金を使わないといけなくなったという状況は誰にでも起こり得るものですが、すぐにお金を準備できる方法は限られます。友達や親戚が貸してくれるのが理想的ですが、都合よく何万円も貸してくれる人はそう多くありません。とうとう消費者金融に手を出してしまうのか、と諦める人も多いでしょうが、ちょっと待ってください。実は、携帯電話を使えば借金をしなくてもお金を調達することができるのです。それが最初に言った携帯キャリア決済という機能で、これを使えばお金を持っていなくてもインターネットショッピングでアイテムを購入することができます。アイテムだけでなく電子書籍などのコンテンツを購入することもできるのですが、代金は毎月下旬に請求されてくる携帯電話の料金とまとめて支払えば良いので、一時的に支払いを先延ばしすることができます。この仕組みを利用し、購入したアイテムなどを専門の現金化業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れることができるのです。もちろん相手もビジネスなので、買い取る際には額面から手数料を引いた残りの金額だけを振り込んできます。多少損をしてしまいますが、キャッシングのように面倒な審査を受ける必要が無いので、どんな人でも簡単に利用できるというメリットがあります。このような方法を聞くと、クレジットカードの買い物枠を現金化する方法に似ていると感じる人も多いでしょうが、実際にクレジットカードが携帯キャリア決済に代わっただけで根本的な仕組みは同じです。ただ、クレジットカードだとそもそも信販会社の審査をクリアしてクレジットカードを持っていなければ利用できませんし、最近では法律の規制も厳しくなっているのでリスクが高いというデメリットがあります。実際、クレジットカードで現金化を行っていた業者が摘発されてしまったケースもあり、利用する側としてもちょっと怖さがあります。この点、携帯キャリア決済ならクレジットカードのように法律の規制が整備されていないので、何の心配もなく利用することができます。特別な手続きや審査もなく、常に持ち歩いている携帯電話を活用するので余計な手間も時間もかかりません。早ければ、申し込んだその日のうちにお金を自分の口座に振り込んでもらうことも可能なので、非常に便利で頼りになる存在だと言えるでしょう。

便利の落とし穴悪徳業者の注意点

そんな携帯キャリア決済ですが、現金を手にするためには専門の業者に申し込みをする必要があります。最近は特に人気の高まっている現金化方法なので、対応する業者の数もうなぎ上りです。インターネットを探してみると何社もの対応会社を見つけることができるのですが、残念ながらどこにでも悪徳業者というものが存在します。高値で買い取るなどと謳っておきながら難癖をつけて安く買い取ったり、手数料を5割ほど取るようなとんでもないところまであります。もちろん中には良心的に営業している会社もたくさんあるので、悪質なところに引っかからないようにするためにも事前の確認を徹底しておきたいところです。

良心的な会社かどうかを見極めるのに欠かせないのが、きちんと古物商許可番号を取得しているかという点です。携帯キャリア決済による現金化に対応している会社は、申し込み者からアイテムを買取って対価を支払うという形で営業しているので、いわゆるリサイクル業のような扱いになります。このような業務は誰でも自由に行えるものではなく、必ず古物商許可番号という資格のようなものを取得していなければ営業が認められません。リサイクル業を行う会社にとってはまさに必須の許可証となっているので、買取り業者がこの番号を持っているかは必ず確認するようにしましょう。番号を持っているということはきちんとした正規の手続きを踏んで会社を立ち上げているということであり、法律の規制を受けた健全な会社と言う事の証明になります。もし古物商許可番号を持っていなければ、行政の許可を受けずに営業している不当な会社ということになり、実態が分からない悪徳業者である可能性が高くなります。古物商許可番号は、持っていれば会社のホームページなどのどこかに明記されているはずなので、隅から隅まで探してみるようにしましょう。いくら探しても見つからない場合はかなり怪しいので、念のため直接問い合わせるか利用を避けた方が安心です。問い合わせるとそれらしい番号を伝えてきたりもしますが、念には念を入れてそれが正当な番号かどうかまでチェックしておきましょう。インターネットで古物商許可番号を検索すると、会社の名前や本社所在地などの情報を知ることができます。実在している会社なら検索にヒットするので、ホームページに記載されている内容と一致するかを確認しておきましょう。古物商許可番号の内容とホームページの内容がまるっきり違っていたら、かなり怪しいので注意が必要です。

古物商許可番号の重要性

携帯キャリア決済の仕組みそのものとは直接関係ありませんが、古物商許可番号は利用する業者を選ぶためにも非常に重要なものと言えます。そもそも古物商許可というのは、美術品や古本、宝石や自動車や自転車、カメラや電化製品に商品券などあらゆるリサイクル品を取り扱う会社なら必ず取得しておかなければならない営業許可証です。売買はもちろん、中古品をレンタルする場合でも必要となるので幅広い会社で必要になります。新品のアイテムをレンタルする場合は必要ないので複雑な感じがしますが、基本的に中古品を使ってビジネスを行う場合は必須だと覚えておきましょう。現金化業者の場合も、一度利用者が購入した中古品を売買するということになるので、必ず古物商許可が必要となります。自社のホームページを開設する場合や法人のショップとしてオークションサイトやショッピングサイトなどに出店する場合、必ず番号を記載することが求められています。こういった背景から、携帯キャリア決済を行っているのにホームページに番号が表示されていない場合は、良心的な会社ではない可能性が高くなります。許可証を持たずに携帯キャリア決済の現金化を行っていた場合、法律違反の無許可営業ということになるため刑事罰の対象となってしまいます。3年以下の懲役や100万円以下の罰金などの罰則が設けられているだけでなく、営業停止などの行政処分が下される可能性もあります。このように厳しい規制が行われているのは、盗まれたアイテムなどが中古品として売却されるのを防ぐためです。盗まれたものが持ち込まれた場合、会社はそのまま買い取るのではなく警察などに申し出る義務があります。盗品を監視するネットワークを確立するためにも、正規の許可を得た会社しか中古品を取り扱えないように規制する必要があるのです。特に中古車や宝石類は海外の窃盗団のターゲットとしても狙われやすいため、より厳しく管理することが求められています。

古物商許可番号はインターネットで調べれば情報を確認できると上述しましたが、許可を得ている全ての会社が記載されているわけではありません。許可を得てからインターネットに記載されるまでには一定の時間がかかるため、取得して間もない会社だと検索しても情報を得られないこともあります。このため、検索にヒットしないからといってその会社が悪徳業者だとは言い切れないので覚えておきましょう。最近はオークションサイトを利用すれば個人同士が簡単に中古品としてアイテムを売買できるようになってきたため、古物商許可の定義が問題視され始めています。自分で使うために購入するのならもちろん構わないのですが、利益を目的として中古品の取引を行う場合は個人であっても古物商許可が必要になる可能性が高いです。実際にはオークションで売買を頻繁に行っている個人も膨大な数に上るため、いちいちチェックして許可を取っているかまでは調べられません。ただ、継続してかなりの取引を繰り返しているような場合はサイトの管理者に要注意人物として監視されてしまう可能性もあるので、注意が必要です。古物商許可番号は意外と簡単に取得できるので、個人でも手広く中古品の売買を行っている場合は取得しておいた方が安心です。許可を取得するためには難しい試験や面接のようなものはないのですが、一定の条件を満たす必要があります。会社の所在地を管轄している警察署で申請することができ、19,000円の手数料と様々な必要書類を揃えて提出すれば良いだけです。申請してから約40日以内には審査の結果が伝えられ、許可か不許可かが分かります。許可をもらえない個人や法人には特徴があり、未成年者や破産者、禁固以上や罰金の刑事罰を受けてから5年以上経過していない人、特定の住所が無い人や一度許可を得ていながら取り消されて5年以上経過していない人などが該当します。ごく一般的な常識とスキルを持つ社会人であれば、数時間の手続きで申請を終えることができます。大きな問題が無ければ申請が不許可となることは無いので、申請さえ行えばまず間違いなく取得できるものです。

まとめ

古物商許可番号は業務を行う上では必ず必要になるものですが、その内容はごく簡単なので携帯キャリア決済を行う会社の信頼度や安全性とはあまり関係ないとも言えます。仮に許可を得ていても悪質な業務を行っている会社もあるため、一概に信頼できるとは言い切れません。番号を取得していることをアピールする会社も多いのですが、安易にそれを信じ込まずに自分で会社の安全性や評判などを調べることが重要です。しっかり下調べをしてから利用すれば、トラブルに巻き込まれることも大きな損をすることもなく、安全で便利に携帯キャリア決済の現金化を利用することができるでしょう。

携帯キャリア決済の限度額とリセット日

ドコモやソフトバンク、auの携帯キャリアから決済ができるって知ってますか?

普通に街中で買い物をした時にその場で現金を支払うのではなくクレジットカードで決済をしたり、ネットショッピングをしたときも後でコンビニや銀行で現金を振り込みに行くのではなくクレジットカードで決済ができることはもはや周知のことでクレジットカードを持っている人はたくさんいらっしゃることでしょう。

それが携帯キャリアで決済ができるということなのです。でもそれって意味が解らないですよね。ドコモで決済?auで決済?ソフトバンクで決済?携帯を見せればいいの?お金はどこから出てくるの?商品を買ったお店にどうやって誰が支払うの?などと疑問がたくさん湧いてきます。

携帯キャリア決済は一言でいえば携帯電話の使用代金と一緒に支払うということです。クレジットカードは決済をすることでクレジットカード会社が先に立て替えて支払ってくれるので、そのお金を後日クレジットカード会社に返すという仕組みになっていますが、携帯キャリア決済は携帯キャリアが先に立て替えてくれるということです。

しかしそれだけではありません。世間一般に、後払いのクレジットカードとは違って先にチャージをしてそこから支払うプリペイドカードがあるように、携帯キャリア決済にも先にチャージをしてそこから決済するというものもあるのです。

ではドコモとau,、ソフトバンクのそれぞれについて携帯キャリア決済がどのような仕組みになっているか説明させていただきましょう。

ドコモの携帯キャリア決済の仕組み

まずはドコモですが、クレジットカードのように後払いのものとチャージをするものとがあります。後払いに関してはドコモの回線を利用していてspモードかiモードで契約している人なら誰でも利用できる「ケータイ払い」があります。ネットショップなど約400店舗と提携していて支払いの場面で「ドコモケータイ払い」を選択し4ケタのパスワードを入れるだけで決済ができます。ネットショッピングではクレジットカードで決済をするとカード番号や名義、カードの有効期限などを入力する必要がありますが、ケータイ不払いを使うとパスワードを入力するだけなので簡単です。利用料金は毎月の携帯代と一緒に請求が来て支払うことで完了です。1カ月の利用限度額は1万円、3万円、5万円のうち、契約状況、利用状況支払い状況になどに応じてドコモが設定してくれるので個々によって変わってきます。そしてリセット日は毎月1日となっています。

ドコモにはもうひとつ、「dケータイ払い+」というサービスもあります。それはドコモの回線を使っていない人でもdアカウントを持っていれば利用することができます。持っている携帯電話がauでもソフトバンクでも関係なく、ドコモ回線でケータイ払いが使えないspモードかiモード以外の人でも使えるのです。でもdアカウントって?どのように取得すればいいのかな?とわからないとき、ドコモの端末を持っていれば「設定」から「ドコモのサービス」か「クラウド」を選ぶと「dアカウント設定」が出てきます。ドコモの端末ではない場合はGoogleplayストアから「dアカウント設定」アプリをダウンロードして起動することで設定できます。このようにしてdアカウントの設定ができれば提携しているネットショップでの買い物で利用することができ、しかも100円ごとにdポイントがたまっていきます。たまったdポイントは1ポイント1円として代金の代わりに支払うこともできます。「dケータイ払い+」で携帯キャリア決済をした場合はドコモの携帯電話の人は電話だ糸一緒に支払うか、クレジットカードを使ってドコモに支払います。ドコモ以外の場合は手持ちのクレジットカードで支払います。

「ドコモのケータイ払い」とdケータイ払い+」の説明をしましたがこの2つはクレジットカードのようにドコモが立て替えてくれて後で返すというものでしたが、ドコモのFOMAかXIを契約している人は携帯電話内に「ドコモ口座」を開設して入金したり送金したりすることができます。ドコモ口座アプリをインストールし4ケタのぱすわーどを入力するだけで開設できます。プリペイドVISAカードが発行されるのでVISAマークのある店舗でクレジットカードのように利用できます。ドコモ口座に入金した範囲内で支払うことになるので使いすぎを防げて安心です。入金ができていない場合最大限度額2万円までならドコモが立て替えてくれるので翌月の電話代と一緒に支払えばいいのです。またドコモ口座の魅力のひとつとして、ドコモ口座を持っている人同士なら相手の電話番号を入力するだけで相手に送金ができるというサービスもあります。遠いところに住んでいる家族や友人にお金を払いたい時でもわざわざ郵便局や銀行に振込に出向くこともしなくていいので便利でしょう。ドコモにはこんな携帯キャリア決済サービスがあるのです。

auの携帯キャリア決済の仕組み

次にauですが、auには「auかんたん決済」というネーミングの携帯キャリア決済サービスがあります。auのスマートフォンやパソコンで購入した商品やコンテンツの代金をその時に支払わなくても毎月の通信代金と一緒に支払うことができるサービスです。利用の仕方も簡単、「お支払い方法」で「auかんたん決済」を選んで暗証番号を入力するだけです。auかんたん決済を利用できるのはauと契約している人です。携帯電話、au光、auひかりちゅら、スマートテレビボックスのいずれかを契約をしていれば利用できます。毎月の利用限度額は、12歳以下なら1500円、13歳から19歳までは10000円、20歳以上なら10000円から100000円までの範囲でauが設定します。利用の締め日は毎月月末でリセット日は毎月1日午前0時となっています。auかんたん決済を利用すると電話料金でauポイントが1000円ごとに10ポイントたまるようにポイントがたまっていきます。

auにもクレジットカードとプリペイドカードがあって、それらのカードを使うともっとお得にポイントを貯めることができるんです。プリぺードカードなら200円で1ポイント、クレジットカードならその倍の2ポイントがついてきます。貯まったポイントはau料金の支払いに使ったり、核種商品やコンテンツの購入に使うことができます。提携している他社ポイントに交換することもできます。プリペイドカードやクレジットカードがあればスーパーやコンビニ、飲食店ネットスーパーなどどこでも使えるので便利ですね。プリペイドカードは発行手数料も年会費も無料、クレジットカードも一般のカードなら年会費が無料で新規入会と利用で最大10000円分のポイントがもらえるキャンペーンもあるので、お得ですが、プリペイドカードはKDDIの個人契約者のみ、クレジットカードもauの携帯電話、auひかり、auひかりちゅらの個人契約の方が対象となっています。

ソフトバンクの携帯キャリア決済の仕組み

最後にソフトバンクです。ソフトバンクには「ソフトバンクまとめて支払い」という形態キャリア決済サービスがあります。携帯電話の利用料金と一緒に購入した商品代金を支払うことができるサービスです。「ソフトバンクまとめて支払い」を利用するにあたっての申込実は不要で、月額料金も発生しないので何も買わない月は電話料金のみの請求となります。毎月の利用の限度額はauトオナジデ使用すr人の年齢によって決まっていて満12歳未満は最大2000円まで、13歳から20歳未満は最大20000円まで、満20歳以上は最大100000円となっていますが個々によって設定が変わる場合もあります。毎月の料金の支払い日は3通りあり、毎月付末に請求があり翌月26日に支払う場合は毎月1日から月末までの利用額が対象でリセット日は1日です。毎月11日から翌月10日までの利用金額で請求がある場合はリセット日は毎月11日で支払いが翌々月の6日になります。それともう一つ毎月21日から翌月の20日までの利用で毎月21日二リセット日がある場合は翌々月の16日が支払い日となります。

「ソフトバンクまとめてお支払い」はどのように使うのでしょうか。ドコモやauは支払い方法のところで「ドコモケータイ決済」や「auかんたん決済」を選ぶのですが、ソフトバンクのスマホで買い物をした場合は注文手続きでいったん「MY SOFTBANK」にログインをし、そこでお支払い内容を確認し「同意規約に同意し購入する」をタップすることでソフトバンクに立て替えてもらって支払い完了となります。スマホ内でゲームや買い物をするときいつも同じパターンで決済ができます。それからauやドコモのようにポイントはたまるのかと気になるところですが、2017年6月分より形態の通信料や毎月のお買い物でTポイントがたまるようになりました。ソフトバンクにもプリペイドカードができてチャージをしていろいろなお店で利用をすることでTポイントがたまります。クレジット機能を付けることもでき自動的にチャージができるのでその都度チャージをするのが面倒な人にはとても便利なカードです。使った分は後日まとめて支払うことで完了します。子の機能を使うとポイントが2倍たまるのでとてもお得です。

携帯キャリア別の決済についてまとめ

限度額は各キャリアによって違いますが、未成年が使う場合限度額は少なく設定されているにしても毎月1000円や2000円の利用があると結構な出費になってしまうのでその点だけは親が管理をしていく必要があるようです。

それにしても携帯キャリア決済というサービスができることによってクレジットカードを持ち歩かなくてもよくなったり、ポイントがたまったりして、簡単で便利にそしてお得に買い物も楽しむことができます。このように大手3社が携帯キャリア決済を行っているのですが、どの会社も有名で信用ができるので安心して携帯キャリア決済を使うことができます。

携帯電話がなくてもキャリア決済できる仕組みとは?

携帯キャリア決済って便利ですよね♪

月々の限度額内であれば、携帯料金とスマホからのショッピング代金をまとめて支払えるので余計な手間も省けちゃいます!三大通信キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクと契約しているユーザーでありさえすれば簡単な手続きで利用できるので、日常の買い物にもとっても便利♪♪

でも携帯キャリア決済の仕組みは、スマホを使うことが大前提なんです!!!つまり、携帯キャリア決済に対応したショッピングサイトで買い物をするにはそれぞれの通信キャリアと契約したスマホを使わないといけません(●`ε´●)なので、スマホを自宅に忘れてしまうともう使えなくなっちゃうという不便な仕組みであるんです!!

携帯キャリア決済には、もう一つの問題点がある!?

それが未対応のショッピング店も多いということ!!!えっ!?こっちのほうが問題じゃん?(?`^´?)?例えばネットショッピングやデジタルコンテンツを中心に利用できますが、コンビニやスーパーを始めとするリアル店舗での決済はできないことが多いです!!!

コンビニやスーパーと言えば、日常生活で最も利用する買い物スポット!ココで使えないなら利便性なんてないも同然!!というユーザーもいるかもしれませんよね。そんなユーザーに携帯キャリア決済の仕組みを使ってリアル店舗で買い物できる方法を紹介しちゃいましょう?

ポイントは、ずばり!!プリペイドカードを利用すること!!!

三大通信キャリアのドコモ、au、ソフトバンクが発行している審査不要のプリペイドカードを利用することで、コンビニやスーパーなどの買い物で電子マネーのように簡単に決済できちゃうんですよ(^o^)それになんと、ポイントまでついてくるので、これはもう使うっきゃないですよね♪それでは、利用方法を説明していきましょう。

ドコモの携帯キャリア決済サービスを使った方法

ドコモには、ドコモケータイ払いに対応したドコモdカードプリペイドがありますので、ドコモのサイトから申し込みましょう!申し込み条件は12歳以上、dアカウントを持っていることです。

申込方法はウェブサイトからできるので、手元にあるスマホやスマートフォンからできます。申込みフォームで必要事項を記入し、利用規約などにチェックを入れるだけです。手元にdプリペイドが届いたら、コンビニでチャージしましょう。チャージ方法も簡単です。コンビニのレジでdプリペイドを示して「チャージしてください」と言うと「いくらチャージしますか?」と聞かれるのでチャージしたい金額を伝えましょう。

また「マイページ」からのチャージがおすすめですよ。なんといっても1回あたり500円から最大5万円まで1円単位でチャージできるので、使用限度を決めてから使えます。ドコモdプリペイドは、Mastercard加盟店、iD加盟店で利用できるのでドコモ携帯払いの使い勝手が一気に広がります。

auの携帯キャリア決済サービスを使った方法

auは、auWALLETプリペイドカードを使えば、スマホいらずでいろいろなショッピング店で買い物したり、食事もできます。まずauWALLETプリペイドカードの新規登録を行いましょう。auidやパスワードを入力して、必要事項などに入力するだけです。

あとはauのプリペイドカードが手元に届くのを待つだけ(^o^)手元に届いたら、auWALLETサイトやアプリを使ってチャージできます。最も便利なのがWEBやアプリを使ったチャージでしょう。アプリのトップページにあるチャージ(入金画面)にアクセスし、auかんたん決済を使ってチャージします。

auWALLETサイトからもチャージできますので、利用してみると良いですよ♪またauでは、自動チャージも対応しているので利用してみてはどうでしょうか。もちろん、ローソンなどの一部コンビニでのレジでチャージすることもできるので、もしお金が足りない場合に利用できるので便利ですよね!

利用できる店舗はMasterCard加盟店、VISA加盟店、大手コンビニなどで使い方の羽場も広がりますねヽ(´ー`)ノ

ソフトバンクの携帯キャリア決済サービスを使った方法

ソフトバンクの携帯キャリ決済である「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できるのが、ソフトバンクカードです。このカードを手に入れるには、お近くのソフトバンクショップに訪れ、申し込みしましょう。書類に必要事項を記入すれば、その場で手に入りますが、実際に利用するには、手続完了メールが届いたあとになります。

手続きが完了したらMySoftBankにログインしてからカード暗証番号を設定しましょう。そしてチャージ画面から必要金額をチャージしていきますが、ソフトバンクカードアプリからのチャージであれば1000円単位、ソフトバンクまとめて支払いを利用すれば100円単位でチャージできます。ソフトバンクカードは、VISA加盟店やヤフー・ショッピングなどで利用できるので買い物がもっと楽しくなっちゃいますね?

まとめ

このように三大携帯キャリア決済の仕組みを活用すれば、スマホなしでも買い物もできるので、万が一のスマホ紛失にも困りません(`・ω・´)楽しいショッピングライフを堪能するならプリペイドカードの利用も検討してはいかがでしょうか(^o^)

格安スマホでキャリア決済現金化はできるのか?

携帯電話のキャリア決済を活用して現金を手に入れる方法は、クレジットカードなどを持たない人でも手軽に利用できるため非常に便利です。カードローンによるキャッシングのように審査も必要ないため、どんな人でも必要な時にお金を手にすることができるという点も大きな魅力です。

カードローンなどの本格的な借入と比べれば利用できる金額は少額ですが、それでも一時的に急いで現金を用意したい人には非常に頼りになる存在です。クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にする方法は違法性が指摘され、実際に業者が摘発されたこともあったので避けた方が賢明ですが、携帯電話のキャリア決済は今のところ違法性は指摘されていないので、利用しても問題はありません。

こういった点から幅広い層にとって非常に魅力的な現金化方法になっているのですが、実は利用できないケースもあるので注意が必要です。

格安スマホは決済機能を使うことができない

携帯電話のキャリア決済は、いわゆる大手キャリアと呼ばれる携帯電話会社が独自に行っているサービスの一環です。顧客に自社を選んでもらうための利用者サービスとして、商品やサービスを購入した際に一時的に代金を会社が負担して支払い、携帯電話の利用料金と合算して月に一回請求するという仕組みになっています。このようなキャリア決済を実行するにはシステムやセキュリティ、経営体力など様々なハードルをクリアする必要があります。これらの環境が充実していないキャリアの場合、どうしてもキャリア決済機能を利用することができません。つまり、システムを持っている大手キャリア以外のいわゆる格安スマホと呼ばれる新規のキャリアの場合、ほとんどが決済機能を使うことができません。決済機能が使えなければ業者が指定する商品を購入することができないため、必然的に現金を手にすることはできなくなります。

数年前までは、携帯電話と言えば大手キャリアと呼ばれる3社がほぼ独占しているような状況でした。それ以外の携帯電話もあることはありましたが、電波も限定的だったりサービスも充実しているとは言い難かったため、契約者もそれほど伸びませんでした。しかし、最近は大手キャリアと遜色ないサービスや通信環境を備え、かつ料金を格安に抑えられる新しいキャリアが続々と登場してきたのです。

大手キャリアが親会社になっているところや、大手キャリアのシステムや回線に相乗りしているところ、多業種の大手企業が参入したものなど様々なキャリアが登場し、それぞれの特徴を活かして爆発的に顧客を伸ばしています。携帯電話として利用する場合にはほとんど違いがないため、料金を半部以下に抑えることができる格安スマホへと乗り換える人が増え続けています。ここ数年で通信環境なども大幅に進化してきており、格安スマホだからと言ってサービスの質が大きく劣ってしまうこともありません。

ほとんどの格安スマホが大手キャリアの通信回線に相乗りする形で営業しており、設備投資なども必要ないため料金を安く抑えつつ安定した回線を提供することができるのです。

こう見ると格安スマホにはメリットばかりのように感じますが、実は格安スマホは大手キャリアが行っているサービスまでは利用することができません。

SIMカードが大手キャリアなら利用することができる

これは当然と言えば当然なのですが、あくまでも決済機能などは大手キャリアが自分達で開発して顧客サービスとして行っているものなので、回線に相乗りするのとは話が別です。携帯電話には現在SIMカードというものを挿し込まないと利用できなくなっていますが、このSIMカードが大手キャリアのものでない場合は決済機能を利用することができません。

これまではクレジットカードが無くても利用できる現金化の方法として人気を集めてきましたが、大手キャリアでなければ利用できないというのは意外と知られていません。いざ格安スマホに乗り換えてから現金化しようとすると、利用不可能となって慌ててしまうという人も多いので、事前にこういった内容を知っておくことが重要です。

携帯電話を使った現金化には携帯電話さえあれば良いというわけではなく、大手キャリアと契約して決済機能というサービスを利用できる状態にしておくことが欠かせないのです。格安スマホは確かに毎月の利用料金を大幅に引き下げることができ、端末代金も安価で高品質のものが多いので魅力的なのですが、安さにはそれなりの理由があります。大手キャリアと比べれば利用できるサービスや機能がかなり少なくなってしまい、キャリア決済機能はその最たるものと言えます。

まとめ

キャリア決済を利用した現金化を頻繁に利用している人の場合、十分に検討してから格安スマホに乗り換えるようにしないと、後々困ることになるでしょう。将来的には格安スマホも大手キャリアと同じように決済機能を利用できるように進化していくと考えられますが、現時点ではほとんどが利用できないので覚えておくようにしましょう。

携帯キャリア決済を不正に使用する事件があった!

携帯キャリア決済を不正に使用する事件というのは最近になってちらほら起こっています。要は、本来の利用者、契約者でない者が、勝手に本人になりすまして携帯キャリア決済を利用し、そこで購入した商品を不正に自分のものにしてしまうという事件です。

不正使用の方法

携帯キャリア決済にあたって必要なものは、携帯電話のアカウント番号やパスワードです。これがあれば、実は誰でも携帯キャリア決済ができてしまいます。私は携帯電話は常に肌身離さず持っているから、仮にアカウント番号やパスワードを知られたとしても、自分の携帯電話を他人が勝手に利用することはないと思っている人がいたとすれば、それは実は脇の甘い人ということになります。上に書いたとおり、決済に必要なものはアカウント番号やパスワードのみなのです。当たり前のように必要だと思える携帯電話本体は、実は必須ではありません。本体が手元になくても、これらの情報さえあれば、パソコンやタブレットなどから携帯キャリア決済ができるのです。

これで不正使用の実態というか、方法が見えてきたのではないでしょうか。要は何とかしてアカウント番号やパスワードを手に入れればよいのです。これには様々な方法が存在しますが、最も多いのは、実はハッカー的にシステムに不正侵入して盗み出すといったものではなく、なんと言葉巧みに本人から直接入手するやり方、あるいは本人とのやり取りを通じて類推するというやり方なのです。つまりは、知らず知らずのうちに自分から教えてしまっている、少なくともそのヒントを与えてしまっているということです。

SNSに要注意

例えば、今ではSNSというサービスが広く普及しています。その中で、連絡に必要だとか、ネットワーク構築に必要だとか、その他理由は別に何でもよいのですが、うまく誘導してこのような番号を聞き出してしまうのです。パスワードに関しても、さすがにパスワードは何ですかと聞かれて答える人はいないでしょうが、一般的にパスワードに使っていることが多いような数字、番号を言葉巧みに聞き出し、それを順番に試すというような手段はいくらでも存在します。

これを聞き出し、アクセスすることができれば不正はほぼ完成です。本人になりすましてサイトにアクセスし、そこで携帯キャリア決済を利用して目的の商品を購入し、その配送先を自分の住所にするなりして最終的に自分の物にしてしまえばよいわけです。携帯キャリア決済の請求は、もちろん本人に対して、携帯電話の利用代金とまとめて行われます。その人が気付かなければ分からないということになります。携帯電話の利用代金など銀行から引き落とされるがままにしていて金額など全く把握していないという人も少なくないでしょうし、特に携帯電話利用料金と比較して少額の場合、いちいち明細というか金額の内訳まで確認していないという人は多いでしょうから、気づかれにくいという盲点を付いた事件ということができるかもしれません。

このような事件は実際に起こっていますので、自分に降りかかることのないよう、普段から気をつけておく必要があります。まず大前提は携帯電話のアカウント番号やパスワードを不用意に他人に教えないことです。上に書いたことからも分かるように、これらの情報さえあれば、携帯電話本体が手元になくてもパソコンやタブレットなどから携帯キャリア決済ができてしまいます。このようなアカウント番号やパスワードなどは、たとえ何かもっともらしい理由をつけて他人から聞かれたとしても、自分以外の人が必要とするような理由は全くありえないはずだ、だから教えなければならない理由なんてない、そんなことを聞かれる理由はただ一つ、何か不正をしたいからでしかありえないと心しておきましょう。ただ、直接聞かれなくても、間接的に類推されることはある、言葉巧みに誘導されることはあると思っておく必要はあるでしょう。

もちろん、携帯電話そのものを他人に不用意に貸すというのも避けたほうが賢明です。親しい友人にちょっと使わせるといった程度のことはごく普通にやっていることでしょうし、それで不正が起こるとは言いませんが、少なくとも自分が知らない人が使っているという状況になるようなことは絶対に避けるべきです。

携帯電話の利用明細や請求書は必ず目を通しましょう

また、クレジットカードの利用明細を確認すべきなのと同様に、携帯電話の利用明細、請求書についてもきちんと目を通すようにしましょう。携帯電話の請求金額については、当然ながら電話やネットの利用状況により毎月金額が異なることもあり、本当に自分が使ったものなのかがぱっと見ただけでは分かりにくいということはあるでしょう。しかし、きちんと目を通すことで、少なくとも桁違いの金額になっていないか、普段であればありえないような金額になっていないかくらいはすぐに分かるはずです。どうみても先月の利用状況から大きくかけ離れた金額になっているようなら、自分の知らないところでこのような不正利用が行われている可能性があります。

※追記

パソコンやタブレットからキャリア決済の操作は行なえますが、初回の認証に必ず契約した電話が必要なようです。一旦認証してしまえば別の端末から操作できるのでやはり携帯電話をかしたりするのは危険ですね。

携帯電話のキャリア決済とは?

携帯電話はコミュニケーションツールとして子供から大人まで多くの人が所持しています。昔は電話やメールの利用がメインでしたが、最近ではインターネットを利用する機会が増えています。

インターネットではショッピングサイトを利用して買い物をしたり、ゲームや音楽などのコンテンツを利用したりできます。携帯電話を使えば、インターネットの買い物やサービスの利用料金も簡単に支払うことができます。

キャリア決済とは

大手携帯会社が提供している携帯電話にはキャリア決済という機能が備わっています。この機能はネットの料金決済を瞬時に済ませることができるというもので、料金決済ページでキャリア決済を選択して暗証番号を入力するだけで決済が完了します。非常に簡単かつ高速で料金決済を済ませられる為、ネットショッピングなどで利用する銀行振込やコンビニ払いの手間が省けます。

利用した金額は月末締めで精算され、翌月に携帯料金と一緒に請求されます。請求された料金は普段通りに支払いを済ませれば何も問題ありません。利用した金額以外に利息や手数料が取られることが無いので、ほとんどノーリスクで利用することができます。キャリア決済はクレジットカードに近い使い方ができ、クレジットカードの審査に通らない人には便利だと言えます。

キャリア決済を利用するには、大手携帯会社が提供しているSIMカードが必要です。近年格安SIMなどが注目を集めていますが、この格安SIMでは決済機能を利用することができません。必ず大手携帯会社が提供しているSIMカードを端末に挿入して使いましょう。

キャリア決済の上限額について

キャリア決済の利用できる上限金額は毎月決まっています。各会社によって上限金額は異なり、条件を満たすことで上限を増やすこともできます。一般的には1万~3万円の上限が設けられており、条件次第で最大10万円まで利用できるようになります。携帯電話1台で毎月この金額を利用できるというのは凄いことだと言えます。ただし、使い過ぎや利用頻度が多くなると金銭感覚が麻痺してしまい、翌月の支払いが難しくなることも考えられます。

キャリア決済は借金と同じ

キャリア決済を利用する時は借金をするという意識を持つのが大切です。また、使い過ぎを防止する為に毎月の利用上限を制限するのも有効です。子供に携帯電話を持たせている家庭では、利用制限をしっかり設けておかないと、知らない間に使われてしまうという事例があります。

毎月の上限金額に制限を設けるのは勿論、暗証番号を子供に教えないようにするなどの対策をすると良いでしょう。キャリア決済を賢く利用するには、給料日前の金欠を凌ぐ時や安く買い物をしたい時に商品券の通販サイトを利用することです。

商品券の通販サイトでは様々な金券類を売買しています。金券の買取は額面金額の90%程度の価格で買い取ってくれます。買取依頼は額面金額よりも安くなりますが、自由に使える現金が手に入るので悪い話ではありません。不要な金券類を所持している人やどうしても現金が必要な人にとって、金券サイトの買取は便利なサービスということです。

比較的利用しやすいJCBギフトカードや全国百貨店共通商品券などをキャリア決済で購入すれば、金欠を解消出来てショッピングの支払いもお得に済ませられます。

まとめ

これらの方法を利用すれば、キャリア決済の利用上限額をそのまま生活費として使えるようになります。金融機関などのローンカードやキャッシングでお金を借りるのに抵抗がある人にはおすすめできます。携帯電話のキャリア決済についてまとめます。ネットショッピングなどを利用する時に代金決済として利用できるので便利。安く金券を購入すれば普段のショッピングがお得になる。金券を購入して売れば利用上限額を現金化できる。以上の3点を覚えて賢く利用しましょう。

携帯電話決済でJCBギフトカードなどの商品券が買える仕組みについて

携帯電話決済でJCBギフトカードなどの商品券が買えます。ちょっと驚くというか、そもそも携帯電話決済とは何のことかと思われる人もいるかもしれませんので、その仕組みを説明しましょう。

携帯電話決済とは?

携帯電話を契約するとキャリア決済と呼ばれる1万円〜10万円の決済枠がもらえます。決済枠は、Amazonなどキャリア決済に対応したサイトでクレジットカードの様に使用することができ、料金は翌月の携帯電話料金と合算で請求されます。サイトの中には商品券を通信販売している会社もあり、そこでキャリア決済で買い物すれば現金がなくても商品券を購入できるという仕組みです。

携帯電話決済でJCBギフトカードなどの商品券が買える仕組み

商品券購入サイト「金券ねっと」を例に買える仕組みを紹介します。

まず、購入にはキャリア決済の他に、キャリアが発行するプリペイドカードが必要となります。プリペイドカードは契約者であらば審査不要で誰でも作ることができ、キャリア決済枠をチャージすることで支払いは翌月に繰り越すことができ、クレジットカードと同じように使うことができます。どうしてこのような方法が携帯の場合に使えるのかというと、それはドコモやAUなどの携帯会社が認めたからということになってしまいますが、携帯の利用料金は月々銀行口座からの引き落としなり振込みなりで支払ってもらえるルートが確立しています。

そしてもちろん、スマホや携帯を利用してインターネットに接続し、ネットショップから商品を購入するというのもまた広く普及している方法です。この2つを組み合わせれば、携帯会社が自社のネットショップを運営して、携帯に直接関連するような商品だけでなく商品券のようなものまで販売し、その代金は後日携帯の利用料金と併せて支払ってもらうというビジネスモデルに至るのは当然の流れであったのかもしれません。

ここまで仕組み的なことを説明してきましたが、利用者にとってのメリットはどういう点にあるのでしょうか。一つには携帯がそのまま使えるということで手軽だということが挙げられますが、別に携帯を利用して他のネットショップサイトに行くこともそこまで手間のかかることではないでしょうから、さして大きなメリットとは言えないでしょう。

となると、メリットというか、広く使われるようになってきたのは携帯の利用代金と一緒に支払うことができるという点が大きいと思われます。より突っ込んで考えると、代金引換にせよ銀行振込やコンビニ支払いにせよ、商品が届く前あるいは届いた直後には現金での支払いをしなければなりません。一方、クレジットカード払いの場合には、商品が届いた際に支払いを済ませる必要がありません。引き落とされるのは翌月や翌々月になります。携帯の利用料金の支払いに関しても、時期的には似たようなもので、支払いを後に延ばすことができますキャリア決済を利用する人の中には信用情報に傷がついて、クレジットカードが作れない方や、カードローン・キャッシングなどに抵抗がある方もいます。そんな人が携帯電話料金と一緒に支払えるキャリア決済を便利だと使用しているようです。

まとめ

もちろん未成年者の場合、クレジットカードやカードローンに申し込むことは難しく、どうしても現金での支払いになります。しかし、キャリア決済であれば未成年者でも最低1万円程度の枠はもらえるのでカード感覚で使えるのです。しかし昨今では未成年者のキャリア決済が問題となっており、保護者の知らない間に数万円の買い物をしてしまうケースが多発しているようです。商品券の販売サイトでも未成年者の購入を禁止しており、最悪、携帯を買ってくれた保護者に連絡がいくことになります。

しかし、この支払い方法には注意点があります。チャージしたお金は翌月に一括で請求されるので、クレジットカードのように分割やリボでの支払いが出来ません。例えば5万円利用した翌月に携帯電話料金+5万円が支払えなければ携帯は止まり、料金を支払ってもキャリア決済が使えなくなってしまうことがあります。くれぐれも使いすぎには注意してください。