携帯キャリア決済を現金化するのは違法なのか?

急ぎで現金が必要になったときに、簡単にお金を手にする方法に携帯キャリア決済を使った現金化がありますが、類似するクレジットカードの現金化で違法性が問題になったことがあり、法的にどうなのか懸念があります。これについて、現金化は購入した商品を売却しているだけであるため、違法になることはありません。ただし、価値のない商品を買わせ、これに対して一定のお金を渡すキャッシュバック型と呼ばれる手法の現金化はクレジットカードで逮捕者が出ているので利用しない方が良いでしょう。

携帯キャリア決済に違法性がないのであれば積極的に利用して良いものかというと、あまり勧められるものではありません。現金化で無計
画な利用をされると携帯電話会社には料金が支払われなくなるリスクがあります。そのため、各社の規約で現金を手にするために利用することを禁じており、規約違反になります。見つかってしまえば利用停止措置となることも考えられるので、注意して利用しなければなりません。現金化の際に用いられることの多い商品券ですが、こちらも換金目的での購入は禁止されており、見つかれば無効にされる危険性があります。

現金化が気付かれる可能性について、問題を起こさずに利用していればほぼ分かりません。しかし、商品券を現金化する場合、購入時の送り先に買取業者のメールアドレスを入れてしまわないように注意しなければなりません。この場合、買取業者のメールアドレスから現金化が分かってしまうため、自分のメールアドレスを使って受け取ってから、未使用のままギフトコードを転送すれば安全です。

また、規約違反のペナルティを受けなくても、現金化の疑いがあるとしてマークされることがあります。毎月のように利用上限近くまで商品券の購入を繰り返していれば携帯電話会社は不審に思います。明確な証拠がないため、支払いをしっかり行っていれば問題ありませんが、遅延を起こしてしまうと即利用停止になる危険性があります。

携帯キャリア決済の現金化は違法性がなくても、利用方法を誤れば大きな損失になることも注意しましょう。不便な点として、利用料金の支払いには一括払いしかなく、分割して少しずつ払うことができません。一時的に少額のお金が不足している状態に対処するために利用することはできますが、払える見込みがないときに利用すると料金の引き落としができず、未納になります。このときに現金化の疑いがなければしばらくは携帯電話を使えますが、督促状が届き、支払い期限までに払えなければ使えなくなります。未納が2か月以上継続すれば強制解約され、信用情報にも傷が付いてしまうので、払えないときの利用は勧められません。

携帯キャリア決済の現金化は換金率も問題があります。買取業者では高い換金率が表示されていますが、ここに落とし穴があり、振込みの際に高い手数料を差し引く悪徳業者も少なくありません。換金率の高さは重要ですが、安全性の確認もせずに利用すると騙されてしまうので慎重に選ぶ必要があります。比較サイトや口コミだけで判断せず、実際に問い合わせをしてそのときの対応で信用できるのか確認しておくと良いでしょう。

なお、買取業者は基本的に悪徳業者なので安全とは言えません。規約違反である携帯キャリア決済の現金化を商売にしている業者が優良であるはずがありません。気付かないところで個人情報が横流しされるなどのリスクがあります。

このようなリスクを避ける場合、オークションサイトなどで換金性の高い商品を売却することで現金化ができます。この場合は換金率の高くなる商品を探す必要がありますが、サイトの利用料として手数料も取られることも考慮が必要です。また、時間がかかるため、すぐにお金が欲しいときには向きません

携帯キャリア決済の現金化は便利ですが、商品券に関しては警戒されて制限をかける動きも出ているため、今後は利用が困難になる可能性もあります。また、高い換金率であっても金利にすればかなり高くなっているため、繰り返し利用していると負担が大きくなるので、決して良い方法とは言えません。頻繁に利用する場合にはカードローンなどでお金を借りた方が負担が少なくなります。

このように携帯キャリア決済の現金化は違法性がなくても規約違反をしているので妥当な利用方法ではなく、危険性もあることを理解しておきましょう。手軽だからとすぐに利用するのではなく、カードローンなどの契約ができないか、審査に通らない場合は親族などから借りることができないか試した方が良いです。限度額は低いですが、カードローンの中には無職・無収入で即日融資ができるものもあります。限度額の低さは携帯キャリア決済の上限も10万円程度であるため、問題になりません。カードローンの審査には通らないだろうと試しもせずに諦めないようにして、それでも借りられない場合に現金化を検討しましょう。

避けるべき携帯キャリア決済現金化サイトの特徴

携帯キャリア決済というのは現金化のために用いることができる有用な手段ではありますが、やはり避けるべきサイトというものは存在します。お金に関わることですから、中には悪徳業者も存在しており、不当に多く儲けようとするサイト、今すぐに現金が欲しいと思っている利用者の足元をみて付けこんで来るようなサイトも一定数存在しています。そういうサイトに引っ掛からないようにすることが重要です。

避けるべき携帯キャリア決済現金化サイト

避けるべき携帯キャリア決済サイトで、最も分かりやすいものは換金率の低いサイトです。そもそも現金化というのは現金を手にするために行うもので、その換金率が低いというのは話になりません。ただし、商品が異なれば数字も異なってくるのは当然ですが、このような現金化サイトの場合、そもそも自分で自由に商品を持ち込むということよりも、サイトが指定する商品を携帯キャリア決済で購入してそれを持ち込むというケースが多いでしょうから、個々の商品に注目するよりも、そのサイトとしての換金率に注目することが可能です。

これは、どれくらいの数字であれば高いのか、あるいは低いのかということを明確に線引きするのは難しいですが、95%程度もあればまずまず十分に高いということができるでしょう。一方で80%もないようであればそれは何かおかしいです。JCBギフトカードや全国百貨店共通商品券のような換金性の高い商品の場合、それを買い取ったお店としては、限りなく100%に近い金額で再販売することができるはずです。98%とか98.5%などといった金額でこれらのギフトカードや商品券が販売されているのは珍しいことではありません。となると、必然的に適切な買取額、お店側にとっての仕入れ値というものが決まってくるはずです。そこからあまりにも外れたものはぼったくりと言われても仕方がないでしょう。

換金率について

換金率の点で言えば、率そのものは低いようには見えなくても、他の部分で不当に差し引かれるようなことがないかどうかを確認しておくことも重要です。換金した現金を現金書留で郵送してもらう場合や、銀行振込してもらう場合に、郵便料金や振込料金が別途差し引かれるのは仕方がないでしょう。しかし、何に使われるのか良く分からない手数料や経費などの名目で差し引かれることがないかを注意しておくことは重要です。そもそもお店側の取り分というか手数がかかるための費用というのは、仕入れ値と販売価格の差でもって充当するのが商売においての当たり前の話で、それを別途利用者に負担させるというのはおかしな話であると認識しなければなりません。

換金率とか手数料において不当に多く儲けようとするのはまだ可愛らしいほうの部類であって、中には携帯キャリア決済の仕組みを悪用してより大胆なことを企む業者もいますのでより注意が必要です。本当の悪徳業者というのはそういう業者のことを指すものでしょう。

例えば、携帯キャリア決済にはパスワードが必要です。必要ですというか、パスワードさえあれば決済ができてしまいます。ネット上で決済ができることを悪用して、何とかしてこのパスワードを得ようとする業者さえ存在します。常套句の一つが、換金の手続きをスムーズに行うために必要だなどという、もっともらしい理由です。こんな言葉に騙されてはいけません。換金する業者は、換金して欲しいと言って持ち込まれたものを淡々と換金してくれればそれで良いのです。換金のための品物の購入について感知頂く立場にはないはずで、その購入に用いるパスワードなど必要になるはずがないのです。落ち着いて物事を考えれば当然のロジックなのですが、今すぐ現金が欲しいと焦っている人にはこういうことさえ見えなくなって、騙されることがあります。

ところで、換金率にせよその他の内容にせよ、問題のあるサイトかどうか、なかなかぱっとそのサイトを見ただけでは分からないということも多いでしょう。初めから何も書いていないようなサイトは論外とでも言うべきですが、書いてあったとしても条件付であるとか、その条件は別のページに行って細かい文字を読まないと分からないとか、あるいは読んだとしても普通の人には容易には理解できないようになっているものもあるからです。

まとめ

一つの方法としては、口コミを頼りにすることです。口コミというのは、多くの人が書き込んでいればいるほど全体としての信用性はアップするものです。初めて利用するサイトであっても、その口コミを別途確認することで比較的安心して利用することができます。

携帯電話がなくてもキャリア決済できる仕組みとは?

携帯キャリア決済って便利ですよね♪

月々の限度額内であれば、携帯料金とスマホからのショッピング代金をまとめて支払えるので余計な手間も省けちゃいます!
三大通信キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクと契約しているユーザーでありさえすれば簡単な手続きで利用できるので、日常の買い物にもとっても便利♪♪

でも携帯キャリア決済の仕組みは、スマホを使うことが大前提なんです!!!
つまり、携帯キャリア決済に対応したショッピングサイトで買い物をするにはそれぞれの通信キャリアと契約したスマホを使わないといけません(●`ε´●)

なので、スマホを自宅に忘れてしまうともう使えなくなっちゃうという不便な仕組みであるんです!!

携帯キャリア決済には、もう一つの問題点がある!?

それが未対応のショッピング店も多いということ!!!えっ!?こっちのほうが問題じゃん?(?`^´?)?
例えばネットショッピングやデジタルコンテンツを中心に利用できますが、コンビニやスーパーを始めとするリアル店舗での決済はできないことが多いです!!!

コンビニやスーパーと言えば、日常生活で最も利用する買い物スポット!ココで使えないなら利便性なんてないも同然!!というユーザーもいるかもしれませんよね。

そんなユーザーに携帯キャリア決済の仕組みを使ってリアル店舗で買い物できる方法を紹介しちゃいましょう?

ポイントは、ずばり!!プリペイドカードを利用すること!!!

三大通信キャリアのドコモ、au、ソフトバンクが発行している審査不要のプリペイドカードを利用することで、コンビニやスーパーなどの買い物で電子マネーのように簡単に決済できちゃうんですよ(^o^)それになんと、ポイントまでついてくるので、これはもう使うっきゃないですよね♪

それでは、利用方法を説明していきましょう。

ドコモの携帯キャリア決済サービスを使った方法

ドコモには、ドコモケータイ払いに対応したドコモdカードプリペイドがありますので、ドコモのサイトから申し込みましょう!
申し込み条件は12歳以上、dアカウントを持っていることです。
申込方法はウェブサイトからできるので、手元にあるスマホやスマートフォンからできます。申込みフォームで必要事項を記入し、利用規約などにチェックを入れるだけです。
手元にdプリペイドが届いたら、コンビニでチャージしましょう。
チャージ方法も簡単です。コンビニのレジでdプリペイドを示して「チャージしてください」と言うと「いくらチャージしますか?」と聞かれるのでチャージしたい金額を伝えましょう。
また「マイページ」からのチャージがおすすめですよ。
なんといっても1回あたり500円から最大5万円まで1円単位でチャージできるので、使用限度を決めてから使えます。
ドコモdプリペイドは、Mastercard加盟店、iD加盟店で利用できるのでドコモ携帯払いの使い勝手が一気に広がります。

auの携帯キャリア決済サービスを使った方法

auは、auWALLETプリペイドカードを使えば、スマホいらずでいろいろなショッピング店で買い物したり、食事もできます。
まずauWALLETプリペイドカードの新規登録を行いましょう。auidやパスワードを入力して、必要事項などに入力するだけです。
あとはauのプリペイドカードが手元に届くのを待つだけ(^o^)
手元に届いたら、auWALLETサイトやアプリを使ってチャージできます。
最も便利なのがWEBやアプリを使ったチャージでしょう。
アプリのトップページにあるチャージ(入金画面)にアクセスし、auかんたん決済を使ってチャージします。
auWALLETサイトからもチャージできますので、利用してみると良いですよ♪
またauでは、自動チャージも対応しているので利用してみてはどうでしょうか。
もちろん、ローソンなどの一部コンビニでのレジでチャージすることもできるので、もしお金が足りない場合に利用できるので便利ですよね!
利用できる店舗はMasterCard加盟店、VISA加盟店、大手コンビニなどで使い方の羽場も広がりますねヽ(´ー`)ノ

ソフトバンクの携帯キャリア決済サービスを使った方法

ソフトバンクの携帯キャリ決済である「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できるのが、ソフトバンクカードです。
このカードを手に入れるには、お近くのソフトバンクショップに訪れ、申し込みしましょう。書類に必要事項を記入すれば、その場で手に入りますが、実際に利用するには、手続完了メールが届いたあとになります。
手続きが完了したらMySoftBankにログインしてからカード暗証番号を設定しましょう。
そしてチャージ画面から必要金額をチャージしていきますが、ソフトバンクカードアプリからのチャージであれば1000円単位、ソフトバンクまとめて支払いを利用すれば100円単位でチャージできます。
ソフトバンクカードは、VISA加盟店やヤフー・ショッピングなどで利用できるので買い物がもっと楽しくなっちゃいますね?

まとめ

このように三大携帯キャリア決済の仕組みを活用すれば、スマホなしでも買い物もできるので、万が一のスマホ紛失にも困りません(`・ω・´)
楽しいショッピングライフを堪能するならプリペイドカードの利用も検討してはいかがでしょうか(^o^)

覚えておくべき携帯キャリア決済のリセット日

携帯キャリア決済を利用している人も多いでしょうが、リセット日を理解、把握しているでしょうか。別に携帯キャリア決済でリセット日を把握していなくても、少額を利用している分にはあまり問題ないかもしれませんが、ある程度の金額を利用している、利用する可能性があるという場合にはしっかりと把握しておくに越したことはありません。そうしないと、使えると思っていたのに使えなかったとか、それならもう少し前に先に使っておくんだったというような失態を防ぐことができるからです。

携帯キャリア決済のリセット日とは?

リセット日とはどういうことかというと、携帯キャリア決済にはそれぞれ利用限度額というものが決められています。この限度額はキャリアによっても、またその携帯を利用している人の利用状況によっても異なりますが、数万円から10万円程度の範囲内となっていることが多いようです。この限度額というのは、もちろん一定の期間内における限度額です。その期間内にそこまでの金額しか利用できないということで、その期間を過ぎれて次の期間に入れば、また新たに限度額が設定されるわけです。

そして、実際にどうなっているかというと、これは分かりやすく、カレンダーどおりの1ヵ月ごとの区切りとなっています。つまり、例えば利用限度額が5万円だとすると、1月1日から1月31日までの間に使える金額が最大5万円、2月1日から2月28日又は29日までに使える金額が5万円、3月以降も同様ということになります。ただしキャリアによって若干の違いはありますが、1ヵ月ごとに区切られているという点は同じです。

キャリア決済とクレジットカードのリセット日の違い

このように携帯キャリア決済の場合のリセット日というのは比較的分かりやすいのですが、これは実はクレジットカードの場合は異なります。クレジットカードの利用方法はこの携帯キャリア決済と似ていますから、この話をそのまま鵜呑みにしてクレジットカードでも同じ仕組みだろうと思っていると足元をすくわれます。クレジットカードの場合はどうなっているのかをここで併せて説明しておきましょう。
クレジットカードの場合、請求が1ヵ月分の利用をまとめて行われることは携帯電話と同じです。ただし、携帯電話の場合は毎月1日からその月の月末までと、カレンダー上の1ヵ月と一致しているのに対し、クレジットカードの場合はまずここから異なります。カレンダー上の1ヵ月と一致しているカードもあるかもしれませんが、一致していないカードも数多くあります。例えばある月の20日から翌月の19日までの1ヶ月間を一区切りとして請求するというようにです。

これは確かに携帯電話と異なるものの、これだけであれば別にそこまで複雑な話ではありません。クレジットカードの場合は、単にこの区切りの1ヵ月が過ぎればリセットされるとという話ではないので複雑なのです。上の例の場合、カードの利用限度額が30万円だとして、例えば1月20日から2月19日までに30万円を利用し切ったとしましょう。2月20日になればリセットされているからまた新たに30万円分を利用できるかというとそんなことはありません。

では、いつになれば利用できるかというと、それは利用分が実際に銀行口座から引き落とされてからなのです。例えばそのクレジットカードが、ある月の20日から翌月の19日までの利用分について、翌々月の10日に銀行から引き落とすことになっていたとしましょう。すると、上の例で、新たに30万円が利用できるようになるのは3月10日以降です。クレジットカードの場合は、請求は1ヵ月ごとに行われるものの、利用限度額というのはその1ヶ月間での利用額の最大値のことではなく、利用したけれどもまだ支払っていない、銀行口座から引き落とされていない金額の最大値ということなのです。クレジットカードは広く普及していますが、このことは意外なほどに知られておらず、1ヵ月たったのにどうして使えないのかといぶかる人が非常に多いのが現実ですので、市っておいて損はありません。

ただしこれはあくまでクレジットカードの場合であって、携帯キャリア決済の場合はそんなことはありません。仮に代金の銀行口座からの引き落とし日が翌月10日であったとして、では月初から10日までの間はまだ前月の利用分が銀行から引き落とされていないからその分は利用できないかというとそんなことはありません。1月1日から31日までの間に5万円を利用したからといって、2月になってもその5万円を含む携帯電話代金が引き落とされる2月10日まで待たないと携帯キャリア決済は全く利用できないかというとそんなことはなく、2月1日になればすぐに新たに5万円分が利用できます。ただ、あくまで1ヵ月分ごとに設定されていますから、1月の1ヶ月間に3万円しか利用しなかったからといって、使わなかった2万円と合わせて7万円が使えるというようなことにはなりません。

まとめ

いずれにせよ、携帯キャリア決済は非常に分かりやすく、いま自分があと残りどれくらい使えるのだろうということが直感的に把握しやすく、使い勝手がよいと言えます。