ドコモのキャリア決済額の限度額を増やすには?

携帯電話会社最大手DoCoMo。iPhoneの販売が無かったことで一時苦しい立場にありましたが、見事首位に返り咲き、2017年現在も根強い人気を誇っています。そんなドコモが展開するサービス『ドコモケータイ払い』。ドコモのキャリア決済は、お金に余裕がない方にオススメなサービスがたくさんあります。

キャリア決済って何?

大手通信会社の携帯電話には、キャリア決済というサービスが付属しており、ドコモの場合はドコモケータイ払いという名称です。ドコモケータイ払いは、ネットショッピング等の代金を携帯電話利用料金と合算して支払うことができるサービスです。現金がない時に支払いを翌月に回したり、使い方次第でとっても便利なサービスです。たとえば、クレジットカードの情報を打つ時ってちょっと怖くないですか?安全だと頭で分かってても、不安が残りますよね。そんな時に、キャリア決済を使えばあんしんして決済が出来ます。それにいちいちクレジットカードを見て、情報を入力する必要がないので、ちいさな時間の節約と労力の削減につながりますね(笑)。

キャリア決済の限度額

そんな便利なキャリア決済ですが、月々の利用限度額があります。初期で1万円、最大で10万円の利用限度額が契約台数ごとにもらえます。キャリア決済の限度額は契約年数に関係があります。継続して使っていれば、限度額は上がっていく傾向にあるので、出来れば長く使い続けたいですね。最近ではキャリア各社が『乗り換え割』などと謳って、他キャリアからの乗り換えで数万円のキャッシュバックがもらえたりしますが、そこを我慢して、継続して同じキャリアで使っていけばいざという時に10万円分の枠を使えます。

どうやって限度額をあげるの?

キャリア決済の限度額を上げるには他の要素も絡んできますが、まずは契約年数です。キャリア決済の限度額は19歳までの方は月1万円までとなっていますが、20歳以上の方では継続年数に応じて増えていくのです。1ヶ月から3ヶ月までの人は月1万円なのですが、4ヶ月から24ヶ月の方は月に3万円まで増額されます。25ヶ月目以降には、月に5万円まで増えます。ではそれ以上の限度額にするにはどうするか?色々な条件が関係してきますが、簡単にいうと『ドコモの契約期間が長く、支払いの滞納などがない、通信・通話・ケータイ払いの利用額が大きい』人が上がりやすい傾向にあります。これはドコモが公式で発表している訳ではありませんが、クレジットカードなどと同じですね。キャリア決済の限度額は自動に切り替わるわけではなくて自分で申請する必要があります。ネットから変えることが可能なのでそれほど手間がかかるわけではありません。ネットですぐに変更できて楽チンといえば楽チンです。ドコモショップでも変更可能で、ネットでの操作がわかりづらいなんてときにも、すぐにドコモショップに行けばやってもらえます。通常、限度額はどんなに高くても5万以上にすることは出来ませんが、ドコモのお客様サポート窓口だと実は限度額を10万円までにしてもらえることがあるのです。5万円までではちょっと足りないかななんていう人も試してみる価値はあります。しかしその条件はわりと厳しい面もあるのです。契約年数が2年以上で、料金の支払いを滞納した履歴がない人で、最大限度額の5万円の利用実績があることが最低限の条件であるといわれています。明確な基準はないですが、審査に通らなければ10万円にはなりません。キャッシングなどの審査と違い、職業とか年収とかを審査されるわけではないので、通りやすいといえます。キャリア決済枠は自分の契約期間の条件の範囲内で千円ごとに設定が可能です。買い物に金を使いすぎてしまう人なんかにも少しずつ金額を買えていけるのはうれしいです。多くの人が自分の給料で払えそうな範囲で設定しているでしょう。自分の生活レベルとかけ離れた金額を設定しても後から困るだけです。それでも通常は月5万円までなので、そんなに変わるわけではないといえます。しかしこの限度額が重要になってくることもあるのです。ネットからキャリア決済の限度額を変更すると確認のメールが届きます。確実に変更したという感覚が得られるのでよいサービスです。ちゃんと内容を確認してメールを保存して気になったときとかに確認できるようにしておくとよいこともあります。

キャリア決済の使いみち

キャリア決済の限度額が増えると、いろいろと便利です。買い物するときにも余裕ができるし、切羽詰ったときにも必要なものが変えるので役に立ちます。あまり買い物しない人には別にそんなものなくてもよいのではないかと思ってしまいがちですが、これが生活に困ったときにも役に立つのです。別に生活に困らないしそんなことに気を使わなくてもよいだろうなんて思っていると、使わなければならなくなるときに対応できなくて途方にくれることになります。5万円の利用実績をつくることはなかなか大変ですそれでも熱心にドコモの契約を続けてサービスを利用し続ければ何とかなるものです。ドコモを使い続けて買い物をするときはすべてキャリア決済にしていけばそれほど難しくはありません。確実に限度額を10万円にしたい方はもう少し条件を良くしておくと確実といえるでしょう。そこでオススメの方法があります。ズバリ、商品券をキャリア決済で購入するんです。Amazonなど大手ショッピングサイトでもキャリア決済は利用できますが、毎月5万円となるとなかなかの金額です。そこを商品券にすることで、買い物にも利用できるし、必要のない商品券は金券ショップに持ち込んで買い取ってもらうことも可能です。具体的な方法を教えます。まず矛盾していますが、キャリア決済では商品券は買えません。違法な業者などに頼めば購入することも出来るのかもしれませんが、正規のルートでキャリア決済のまま商品券を買う事はできないのです。これは商品券や金券は換金性の高い商品の為、現金化に利用されることを防ぐ目的でキャリア各社が利用規約などで禁止いしているからです。ではどうやって買えばいいのか?答えは単純で、キャリア決済を使って別のものに交換する、具体的にはプリペイドカードにチャージすることで可能になります。キャリア決済は携帯キャリア各社が発行しているプリペイドカードにチャージして通常のクレジットカードと同じように利用することができるのです。ドコモの場合は『dプリペイドカード』というカードを発行しており、店頭で申し込めば審査不要で、申し込みから1週間程度経てば、自宅に郵送で送られてきます。Dカードを手にいれることができれば後は簡単です。キャリア決済枠を満額、dカードにチャージして、あとはクレジットカードで商品券を購入できるサイトで買い物をするだけです。有名なお店に金券ねっとがあります。

無事購入が完了すれば、翌日には商品が届くので、あとはスーパーで使用したり、金券ショップに持ち込んだりすれば実質無料でキャリア決済枠の上限アップをすることが出来ます。ドコモの契約期間が長いとそれだけ審査に通りやすい気がします。何回も最大限の5万円を利用していて支払いに滞納がなければほぼ確実であるといえそうです。限度額を10万円に増やしておくことがなんの役に立つのかと思った人もいることでしょう。お金が今すぐ必要だといったときにこれがものすごく役に立つときがあります。お金がないのだけれどどうしたらよいかわからない、そのうち飲み会とかで金を使わなければならないとかいうときも役立つでしょう。現金でしか払えないものを購入したいけど手元に現金がないというときに重宝します。金券ショップでは額面から少し安く買い取られるので額面どおり現金にできるわけではないのです。買い取ってくれるような金券ショップが近くにあるとは限らないことも問題のひとつです。電車賃を払っていかなくてはならなかったりするとそこでお金がかかってしまいます。郵送で商品券が届くためすぐに現金が必要なときには対応ができません。そんなところも踏まえてやっていくのがよいでしょう。ドコモのキャリア決算の限度額を10万円まで引き上げることができれば、その日の暮らしが成り立たないようなピンチな時でも十分助けになってくれるでしょう。10万円あれば家賃も何とかなりそうなので、家を失う心配もないでしょう。すぐにでも使える手段があれば生活を乗り切ることができるので安心感があります。商品券としてはコードだけすぐにメールでもらえるものもあり、そのコードを売るこも出来るようです。ネットで検索してみると怪しいサイトもあり、あまりあんぜんであるとは言えないようです。生活が成り立たなくなりそうなときにこれらを知っておくと本当に便利です。すぐに仕事が得られない状況に陥ることもあります。そんな簡単に職が得られる時代じゃないこともあり、利用している人は結構いるようです。ドコモにはキャリア決済機能があり携帯と一緒の請求にできるサービスがあり、便利になっています。キャリア決済の限度額も契約期間とともに増額され、10万円まで増やせるのです。それらをうまく使うことによって現金がないときでも何とか作り出すことができます。