auかんたん決済でJCBギフトカードを購入する方法

キャリア決済をご存知ですか?au携帯電話をお持ちの方だと、携帯電話契約時に「auかんたん決済」と呼ばれるキャリア決済枠を携帯電話キャリアから与えられています。このキャリア決済枠を利用して、JCBギフトカードを購入することが出来るのです。auかんたん決済を利用するには、会員用のサイトに利用登録をする必要があります。

既に利用して規定の年数が経っている方の場合は、最大で3万円はauかんたん決済の枠が付いています。しかし、毎月コンスタントにインターネットショッピング等でauかんたん決済を利用して、通信料金の支払日に一緒に遅延なく返していれば最大で10万円まで自動で増額されることもあります。

良好な利用歴があり、契約年数が基準に達している場合は、自ら増額申請をして、最大金額まで枠を広げることも可能です。最近ではキャリア決済での支払いに対応しているサイトも増えてきましたが、auに限らず通信会社の携帯キャリア決済を利用するには、自分が持っている通信会社と提携している必要があります。ソフトバンクやドコモなど、他のキャリア決済のみしか使えないネットショップでは、auかんたん決済を利用できません。またキャリア決済で商品券が買えるサイト自体そもそもありません。そんな時は下記の条件を整えれば、キャリアにかかわらず購入できる裏技があります。

1. auのスマートフォンや携帯電話回線の契約をしていること

まず、1番ですが、auの携帯電話やタブレットなど、回線契約がないとキャリア決済を利用することができません。おそらくこの記事を見ている方はauユーザーだと思いますが、かならず必要になるので、まずは回線契約の準備をしてください。ドコモやソフトバンクユーザーの方は別途同じようなサービスがありますのでそちらにお申込みください。

2. キャリア発行のプリペイドカード、「auウォレット」を持っていること。

次に2番です。キャリア決済に対応しているサイトではサイトで買い物すれば支払い方法としてauかんたん決済が選べますが、まだまだ対応店舗は少ないです。そこで、プリペイドカードにキャリア決済枠をチャージしてクレジットカードのように使用する方法を行います。こちらであればカード会社にはバレないですし、クレジットカードを利用できるサイトであればどこでも購入出来ます。

3. 携帯電話やスマートフォン、パソコンを使ってネットショップで購入すること

3番ですが、商品券の類は基本的に現金でしか購入することが出来ません。非常に換金の高い商品の為、クレジットカードでの利用を各社禁止しているからです。ただし、auではauウォレットと言うプリペイドカードが発行されています。auのキャリア端末の保有者や、auの通信回線利用の申し込みをしている方であれば審査もいらず簡単に取得可能です。

プリペイドカードは、先にチャージをして決済出来る前払い型のカードですが、チャージをするために、auかんたん決済や利用で貯めたポイントを交換して利用することも可能なのです。また、auのプリペイドカードは、クレジットカードの国際システムを使って決済する形式なので、クレジットカードの一括払いと同様の利用の仕方も可能になります。実店舗型の金券ショップでは、JCBギフトカード等の商品券を購入するのは難しいですが、これを使えば手軽に商品券を購入できるでしょう。

JCBギフトカードを購入するなら金券ねっとが便利

商品券をクレジットカードで購入!金券ねっと

JCBギフトカード、全国百貨店共通商品券等、人気の商品券を扱う金券ねっとでは、限度額の範囲内で金券類をカートに入れ、カードの番号、名義人、裏面のセキュリティコードを入力すれば、通常のネットショッピングと同じように商品券を購入することが出来ます。

auウォレットカードを取得するには、機種変更や新規購入のタイミングであれば、auの直営ショップに出向いて、一緒に自筆での申し込みが出来ます。機種変更等のタイミングが合わない場合は、auウォレットのサイトの申し込みフォームから必要事項を入力して手続きをします。

およそ1週間程度で自宅住所地に到着しますので、手元に届き次第、auアプリやauウォレットのサイトから利用開始手続きをして、ロック機能を外して、チャージや決済利用が出来るようになります。チャージをするには、スマートフォンのアプリから行うと手軽に出来るでしょう。auかんたん決済でチャージできる金額が表示されますので、その範囲以内で入金手続きをするといいでしょう。

auウォレットカードには最大で5万円まで入金することが可能ですが、一度にauかんたん決済でチャージ出来る金額が決まっていますので、確認するようにしてください。auウォレットからも入金手続きができますが、トップページでチャージ出来る金額を確認してから、手続き画面で入金させるように気をつけてください。

金券ショップで購入手続きを行う場合は、携帯キャリア決済と同様に、カートにJCBギフトカード等の商品券を入れて、決済画面を表示させます。その際、auウォレットカードの表面に記載されている国際ブランドに対応しているか確認しましょう。国際ブランドの加盟店でないと利用できないので、注意してください。決済方法は、クレジットカードの中から国際ブランドを選択して、支払い方法は1回払いを選びます。締め日の翌月25日に電話料金と一緒に支払うので、分割払いやリボ払いは選択出来ません。券面の16桁のカード番号を入力しますが、ショップサイトによっては、不正利用を防ぐためにセキュリティコードを入力するように求めることがあります。

カードの裏面の署名欄に記載されている番号の右端3桁の番号を入れるようにしてください。ごくまれですが、インターネット上で決済するための専用パスワードを入力するように指示されることもあります。その場合は、プリペイドカードでの決済では対応出来ない場合があります。無事にJCBギフトカードを購入できれば翌日には自宅に商品が届きます。お買い物をしてもいいし、余った商品券は金券ショップに持ち込めば、現金に替えることもできます。最寄りの金券ショップに持ち込んだ場合は、申込書に記入して、身元が確認できる書類を提示して買取してもらえます。

まとめ

金券類の売買は、年齢が成人に達していないと無効になりますので、証明書が必要になるため、忘れずに用意しましょう。買取するにあたり、券面の金額を満額受け取ることはできません。店頭に記載されている買取利率に従いますので、事前に確認するようにしてください。