ドコモケータイ払いでJCBギフトカードを購入して現金化する方法

携帯電話は連絡手段として使える便利なツールです。最近ではインターネットサイトを気軽に閲覧することができ、ネットショッピングやゲームなどの娯楽コンテンツを利用する機会も増えています。今では小学生でも携帯電話を所持していることがあり、高校生以上の携帯電話所持率は90%以上です。自宅にいながら欲しいものが簡単に購入できるネットショッピングですが、利用するともちろん代金決済を求められます。

通常はクレジットカード払いや銀行振込、代金引換などの決済方法を利用するのですが、大手携帯会社と契約していればケータイ払いで代金決済できます。ケータイ払いは代金決済を一時的に携帯会社が負担してくれます。月末にケータイ払いで利用した金額が精算され、翌月に携帯料金と合わせて請求されます。ケータイ払いを選択できるサイトでのみ利用することができ、暗証番号を入力するだけで瞬時に決済されます。ケータイ払いは大手携帯会社が提供しているサービスです。

ドコモのケータイ払いとは?

ドコモだとドコモケータイ払いという名称で知られています。通常は1万~3万円までの利用上限が定められており、上限を満たすことで10万円近い金額を利用できます。ドコモケータイ払いは任意で利用上限金額を変更できるので、保護者が子供に携帯を持たせる時などに使い過ぎを防止できます。ドコモケータイ払いはドコモと契約して正規のSIMカードを利用していることが利用条件になります。ドコモの携帯端末を利用していても、本体に挿入するSIMカードがドコモの正規SIMカードじゃないと利用できません。

最近流行りの格安SIMではこのサービスが利用できません。ドコモケータイ払いは使いやすく便利なサービスなので、SIMカードの契約を見直す時は良く考えておきましょう。携帯電話はインターネットとドコモケータイ払いができることを利用して、緊急時に現金を手に入れる手段として使うことができます。例えば、最も簡単な方法はドコモケータイ払いを利用してネットショッピングをすることです。購入した商品を買取店などで現金化すれば、自由に使えるお金が簡単に手に入ります。

買取店での買取相場は良くても定価の80%程度なので損することになりますが、それでも自由に使えるお金を得られるのは大きなメリットだと言えます。また商品券を購入することも出来ます。ショッピングサイトでは様々なギフトカードやプリペイドカードを販売していますが、実際の店舗で利用しやすいJCBギフトカードは需要が高く人気です。特に有効期限が存在しないという点が魅力的で、利用できる施設やサービスの対象も多いので、ほとんど現金と同等の価値があります。キャリア決済での商品券購入には必要なものがいくつかあります。

ドコモのケータイ払いで商品券を購入する方法は?

まずはドコモの携帯電話。それとドコモ発行のプリペイドカード『dカード』が必要になります。そのふたつが用意出来れば、まずはdカードにドコモケータイ払いを使って残高をチャージします。dカードの残高があれば、通常のクレジットカードと同じように使えますので、クレジットカードで商品券が購入できるサイトにアクセスして買い物をします。こちらのサイトなら商品が最短翌日には届くので急いでいる場合も安心ですね。金券ショップなら様々な金券の取扱があり、買取と販売をしています。買取では需要の高い金券を額面金額の約90%以上で買い取ってもらえます。

需要が高く人気のあるJCBギフトカードを購入して金券ショップに持ち込めば、地域によりますが、額面金額の約95%で買い取ってもらえます。金券ショップを利用しない方法だと、ネットで出品して売る人もいるようです。この方法だと額面金額以上の価格でも売れることがあります。

普通は定価で買った方が賢いのですが、一部の地域では金券が販売されていないことがあります。ネットで定価購入するにしても送料が掛かってしまうので、出品されている金券が代金と手数料を合わせて安いと判断されれば購入者が現れるという訳です。他にも、支払い方法に切手などの現金以外で価値のある物を選択できるようにすると、高く買ってもらえることがあります。購入者側の視点は出品者側には分からない部分もありますが、こうした取引は需要があるということです。支払いで受け取った切手などは金券ショップに持ち込んで換金しても良いですし、自分で使っても良いでしょう。

まとめ

ドコモケータイ払いで金券を購入して現金化するというのは、キャッシングやローンカードを利用して現金を借り入れる行為に近いと言えます。キャッシングやローンカードを利用すると手数料や利息を取られてしまいますが、ドコモケータイ払いはそういったものは無いのでお得に利用できます。現金化は一時的にお金に余裕ができますが、翌月にしっかり返済しないと携帯を止められてしまうので注意しましょう。請求された携帯料金は普段と同じように支払いをすれば大丈夫です。ドコモケータイ払いは便利なサービスですが、使い過ぎると金銭感覚が麻痺してしまいます。翌月の請求金額をしっかり考えて利用しましょう。