ソフトバンクまとめて支払いでJCBギフトカードを購入する方法

日本では、年収が低く、貯金もできない人が増えています。貯金がないと、いざという時に困ります。生活していると、病気などで思わぬ出費が重なることがあり、カードを持っている人はカードで急場をしのぐケースも多いです。

会社員であれば、年収が低くてもカードを作ることは難しくありません。クレジットカードを持っていれば、突然の出費にも対応できます。クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

お金を借りる場合は、キャッシング枠の限度内で借ります。しかし、中にはキャッシング限度額まで借りてしまい借りられない人もいます。そのような場合に、現金化という方法を利用する人もいます。

クレジットカードの現金化というのは、直接カードを現金に換えることではありません。ショッピング枠を利用して商品を購入し、その商品を現金に換えるのです。自分で商品を売る人もいれば、専門の業者を利用する人もいます。

専門業者は手数料がかかる

専門の業者に頼むと、楽に現金化できるため、活用している人は多いです。ただ、その場合は手数料がかかります。クレジットカードを持っている人は、すでに審査をクリアしてカードを持つことができています。ですから、審査などの手間がかからず、スムーズに現金化することが可能なのです。

専門の業者を利用すれば、基本的に即日入金されます。そのため、急にお金が必要になった人にとっては非常に便利なのです。ネットバンクに口座を持っている人であれば、さらに便利です。換金率は、業者によって異なります。ですから、事前に業者を比較して、換金率やサービス、実績などをよく調べてから利用することが大事です。専門業者の中には悪質な業者もいるので、注意して信頼できる業者を選ぶことが大切です。

クレジットカードの現金化よりも、もっと気軽に利用できると注目を集めているのが、携帯決済の現金化です。携帯決済の現金化も、クレジットカードの現金と似ています。携帯の決済機能を利用して商品を購入し、その商品を買取ってもらうのです。購入した商品の代金は、翌月の使用料金と合わせて請求されます。

日本には、3大キャリアと呼ばれる携帯会社があり、キャリアごとに携帯決済の限度額が決められています。キャリアの中には、契約月数によって細かく決済枠が決まっている会社もあります。

便利だと注目を集めているのが、ソフトバンクまとめて支払いです。ソフトバンクまとめて支払いは、スマートフォンやパソコンなどで購入したショッピングやデジタルコンテンツの代金などを、月々の携帯電話の利用料金とまとめて支払うことができる決済サービスです。利用可能額や利用制限については、ホームページから確認することができます。

ソフトバンクまとめて支払いとは

ソフトバンクまとめて支払いは、期限内の支払いが確認できない場合や、滞納によって利用が停止状態の場合は使えません。ソフトバンクまとめて支払いを利用する場合、利用者の認証の他に、暗号番号の入力も必要になります。ソフトバンクまとめて支払いでJCBギフトカードなどの商品券を購入し、現金化する人は少なくありません。

数ある商品券の中でも、JCBギフトカードは昔から有名です。JCBギフトカードは、贈り物にも喜ばれる商品券で、とても人気があります。
最近は、大手ネット通販の電子ギフト券なども有名になっていますが、知名度でいえばJCBギフトカードの方が上です。ソフトバンクまとめて支払いの利用限度額は、契約年数が3か月を過ぎた満20歳以上の人ならば、10万円になります。ただ、支払いが遅れると、限度額が低くなるケースもあります。

ソフトバンクまとめて支払いを利用する場合、すべての手順をインターネット上で行うことができます。ですから、日本中どこにいても申し込むことができるのです。24時間営業の店もあり、困ったことがあれば、すぐに対応してくれます。

まとめ

キャリア決済では、支払い方法は一括払いのみです。クレジットカードの場合、リボ払いも可能ですが、携帯決済にはリボ払いや分割払いがありません。利用した料金は、すべて一括で支払うことになるので、計画的に利用することが大事です。