ソフトバンクまとめて支払いの限度額が減額された理由

携帯電話を利用していると、通話機能以外にも様々な便利な使い道があることに気づきます。インターネットを利用できるのは言うまでもなく、時計代わりやスケジュール帳、カメラや計算などありとあらゆる便利な機能を兼ね備えています。

携帯キャリア決済サービスとは

そんな数多くの機能の中でも非常に便利なのが、クレジットカードの代わりに利用できる携帯キャリア決済サービスです。キャリア決済とは、格安スマホ以外の大手キャリアのユーザーなら誰でも利用できるサービスで、まるでクレジットカードを持っていなくてもインターネット経由で商品やデジタル関連のコンテンツを購入することができます。インターネットで何かを購入する場合、基本的には注文して代金を支払い、それが確認されてから商品を手にすることになります。

クレジットカード決済のリスク

クレジットカードを利用すれば、実際の支払いを先延ばしして欲しい商品を手に入れることができるのですが、そもそもクレジットカードを持っていなければ利用できません。しかも最近はインターネット上も物騒になっており、安易にクレジットカード番号を入力してしまえば不正利用されてしまうリスクもあります。携帯キャリア決済であれば、クレジットカードと同じように利用できて、不正利用のリスクも全く無いので安心して利用できます。携帯電話会社が購入した商品の費用を一時的に肩代わりして支払い、携帯電話の利用料と一緒に後日請求してくるので、その日まで実際にはお金を支払う必要がありません。

ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い」

大手携帯キャリアの中でも人気が高いソフトバンクですが、ここでも他の大手キャリアと同じようにキャリア決済サービスが準備されています。ソフトバンクまとめて支払いという名前のサービスで、キャリア決済に対応した商品やコンテンツなどを手軽に購入することができます。

一見すると非常に便利なサービスなのですが、もちろん誰でも自由に好きなだけお金を使えるわけではありません。携帯電話の契約者ごとに利用できる限度額が設定されていて、最大でも10万円までしか利用できません。この限度額は1ヶ月毎にリセットされるので、翌月はまた限度額いっぱいまで決済機能で商品を購入することができます。10万円というのは、よほど長期間契約していて、その間一度も携帯料金の支払いを滞納したりトラブルを起こしたことのない人に限られます。ソフトバンクまとめて支払いは契約者を信用して携帯キャリアが一時的にお金を貸してくれるようなものなので、いかに信用を損なわないかが重要になります。信用度が高い契約者ほど当然利用できる限度額が高くなり、信用を損なう行動をしてしまえば驚くほど限度額を引き下げられてしまいます。つい先月まで10万円分利用できていたはずなのに、今月はなぜか1万円分しか利用できなくなっていることもあります。このように、急に限度額が引き下げられてしまった場合には様々な理由が考えられます。

ソフトバンクまとめて支払いが減額されてしまったら

まず減額されるまでに携帯電話の料金を正しく支払っていたかを確認しましょう。携帯電話会社と契約者との信頼関係を最も損なってしまうのが、料金の滞納です。サービスを利用すればそれに見合った料金を支払うのは当然のことで、支払いを遅らせたり何ヶ月も滞納を続けていれば支払いを先延ばしする決済サービスは利用させてもらえません。携帯電話会社も肩代わりした決済代金を踏み倒される危険が大きいと判断するため、限度額を1,000円や10,000円などに減額せざるを得ないのです。また、クレームなども信頼関係を損ないやすいので減額の対象になってしまう可能性が高いです。契約者が携帯電話会社に対して何らかのクレームを付けた場合、その内容によっては一気に減額されてしまう事例も確認されています。どんなクレームだと減額されてしまうのかははっきりしていませんが、特に料金に関わる内容だと決済サービスに影響する可能性が高くなるので注意しておきましょう。ソフトバンクまとめて支払いの限度額減額に関しては、ソフトバンクのコールセンターなどへ問い合わせても明確な回答をもらえないことがほとんどです。問い合わせても料金を滞納したことがあるかを聞かれるだけで、滞納していないと答えるとうやむやに説明されて終わるケースが多いです。中にはスマホに機種変更したタイミングや、契約プランを変更しただけで減額されてしまったという声も寄せられているので、それぞれのケースごとに減額理由は異なるというのが現実です。

もし料金の滞納をしていないのにソフトバンクまとめて支払いが減額されてしまった場合は、携帯電話会社の操作ミスである可能性もゼロではないので、まずはコールセンターに連絡して尋ねるようにしましょう。酷い時には1,000円ほどに設定されてしまい、ほぼ使えない状態になってしまうこともあるので注意が必要です。マイページからいくらまで決済サービスを利用できるか確認できるので、こまめにチェックしておきましょう。