dカードプリペイド×ドコモケータイ払い(キャリア決済)は便利でも、現金化はNG!

携帯電話でも日本の大手メーカーの1つと言われているドコモを利用している人は非常に多いですが、加入している人の多くはドコモケータイ払いにキャリア決済を使っています。dカードプリペイドを利用する場面でも便利ですので、この支払い方をしている人が少なくありません。

dカードプリペイドのキャリア決済とはどのようなもの?

ドコモケータイ払いをする場面において通常引き落としになりますがこの時、dカードプリペイド購入した商品も一緒に支払うことができることです。つまり、携帯電話の料金にプリペイドカードで利用した商品が加わることを許しています。このようにすることで、今月はいくらぐらい支払わなければならないのかを簡単に予見することができ、支払い忘れ等がなくなるだけでなくあまりお金が入っていない場合でも明確になるため便利です。

ドコモケータイ払いを利用する場面ではドコモ口座を作っておくと便利

ドコモ口座を作ることで、お得なキャッシュバックを受けることができるだけでなく、世界中のネットショップで買い物ができるといった優れものになります。これを利用することで、生活自体が非常に便利です。

では、プリペイドカードや携帯払いご利用した場合果たして現金化をすることができるかが問題になります。このような問題が生じるのは、ポイント利用することができるお店が少ないからです。お店が少ないため、なかなか利用することができないため結局ポイントが失効してしまう可能性も少なくないでしょう。ちなみにポイントはどれぐらいで施行するかと言えばおよそ4年ほどになります。4年も経過すると今までのものが全部なくなってしまいますので注意しなければならないところです。
では、これを防ぐためにはどうしたら良いかと言えば1つは現金化をする方法があります。現金化をする場合であれば失効することはまずありませんので不便な事はないです。ただし、現金化は基本的に行ってはいけないことになっています。今のところ、法律的に禁止されているわけではありませんが、それでもなおこれをすることにより罰則が下る可能性も将来的には出てくるでしょう。ではなぜこれが法律で禁止されていないかと言えばもともとプリペイドカード等は現金にすることを予定されていないからです。そのため、現在はそのような法律が適用されていないためある程度現金にしてしまうことも不可能ではありません。ただ法律ができたときに罰せられるそう考えればあまり行うべきではないでしょう。

金券を購入できるおすすめ通販サイト