格安スマホでキャリア決済現金化はできるのか?

携帯電話のキャリア決済を活用して現金を手に入れる方法は、クレジットカードなどを持たない人でも手軽に利用できるため非常に便利です。カードローンによるキャッシングのように審査も必要ないため、どんな人でも必要な時にお金を手にすることができるという点も大きな魅力です。

カードローンなどの本格的な借入と比べれば利用できる金額は少額ですが、それでも一時的に急いで現金を用意したい人には非常に頼りになる存在です。クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にする方法は違法性が指摘され、実際に業者が摘発されたこともあったので避けた方が賢明ですが、携帯電話のキャリア決済は今のところ違法性は指摘されていないので、利用しても問題はありません。

こういった点から幅広い層にとって非常に魅力的な現金化方法になっているのですが、実は利用できないケースもあるので注意が必要です。

格安スマホは決済機能を使うことができない

携帯電話のキャリア決済は、いわゆる大手キャリアと呼ばれる携帯電話会社が独自に行っているサービスの一環です。顧客に自社を選んでもらうための利用者サービスとして、商品やサービスを購入した際に一時的に代金を会社が負担して支払い、携帯電話の利用料金と合算して月に一回請求するという仕組みになっています。このようなキャリア決済を実行するにはシステムやセキュリティ、経営体力など様々なハードルをクリアする必要があります。これらの環境が充実していないキャリアの場合、どうしてもキャリア決済機能を利用することができません。つまり、システムを持っている大手キャリア以外のいわゆる格安スマホと呼ばれる新規のキャリアの場合、ほとんどが決済機能を使うことができません。決済機能が使えなければ業者が指定する商品を購入することができないため、必然的に現金を手にすることはできなくなります。

数年前までは、携帯電話と言えば大手キャリアと呼ばれる3社がほぼ独占しているような状況でした。それ以外の携帯電話もあることはありましたが、電波も限定的だったりサービスも充実しているとは言い難かったため、契約者もそれほど伸びませんでした。しかし、最近は大手キャリアと遜色ないサービスや通信環境を備え、かつ料金を格安に抑えられる新しいキャリアが続々と登場してきたのです。

大手キャリアが親会社になっているところや、大手キャリアのシステムや回線に相乗りしているところ、多業種の大手企業が参入したものなど様々なキャリアが登場し、それぞれの特徴を活かして爆発的に顧客を伸ばしています。携帯電話として利用する場合にはほとんど違いがないため、料金を半部以下に抑えることができる格安スマホへと乗り換える人が増え続けています。ここ数年で通信環境なども大幅に進化してきており、格安スマホだからと言ってサービスの質が大きく劣ってしまうこともありません。

ほとんどの格安スマホが大手キャリアの通信回線に相乗りする形で営業しており、設備投資なども必要ないため料金を安く抑えつつ安定した回線を提供することができるのです。

こう見ると格安スマホにはメリットばかりのように感じますが、実は格安スマホは大手キャリアが行っているサービスまでは利用することができません。

SIMカードが大手キャリアなら利用することができる

これは当然と言えば当然なのですが、あくまでも決済機能などは大手キャリアが自分達で開発して顧客サービスとして行っているものなので、回線に相乗りするのとは話が別です。携帯電話には現在SIMカードというものを挿し込まないと利用できなくなっていますが、このSIMカードが大手キャリアのものでない場合は決済機能を利用することができません。

これまではクレジットカードが無くても利用できる現金化の方法として人気を集めてきましたが、大手キャリアでなければ利用できないというのは意外と知られていません。いざ格安スマホに乗り換えてから現金化しようとすると、利用不可能となって慌ててしまうという人も多いので、事前にこういった内容を知っておくことが重要です。

携帯電話を使った現金化には携帯電話さえあれば良いというわけではなく、大手キャリアと契約して決済機能というサービスを利用できる状態にしておくことが欠かせないのです。格安スマホは確かに毎月の利用料金を大幅に引き下げることができ、端末代金も安価で高品質のものが多いので魅力的なのですが、安さにはそれなりの理由があります。大手キャリアと比べれば利用できるサービスや機能がかなり少なくなってしまい、キャリア決済機能はその最たるものと言えます。

まとめ

キャリア決済を利用した現金化を頻繁に利用している人の場合、十分に検討してから格安スマホに乗り換えるようにしないと、後々困ることになるでしょう。将来的には格安スマホも大手キャリアと同じように決済機能を利用できるように進化していくと考えられますが、現時点ではほとんどが利用できないので覚えておくようにしましょう。