キャリア決済現金化業者でよく目にする古物商許可番号とは

携帯キャリア決済利便性

誰もが持っている携帯電話を活用して現金をすぐに手にすることができる方法として、最近は携帯キャリア決済が注目を集めています。どうしても急にお金を使わないといけなくなったという状況は誰にでも起こり得るものですが、すぐにお金を準備できる方法は限られます。友達や親戚が貸してくれるのが理想的ですが、都合よく何万円も貸してくれる人はそう多くありません。とうとう消費者金融に手を出してしまうのか、と諦める人も多いでしょうが、ちょっと待ってください。実は、携帯電話を使えば借金をしなくてもお金を調達することができるのです。それが最初に言った携帯キャリア決済という機能で、これを使えばお金を持っていなくてもインターネットショッピングでアイテムを購入することができます。アイテムだけでなく電子書籍などのコンテンツを購入することもできるのですが、代金は毎月下旬に請求されてくる携帯電話の料金とまとめて支払えば良いので、一時的に支払いを先延ばしすることができます。この仕組みを利用し、購入したアイテムなどを専門の現金化業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れることができるのです。もちろん相手もビジネスなので、買い取る際には額面から手数料を引いた残りの金額だけを振り込んできます。多少損をしてしまいますが、キャッシングのように面倒な審査を受ける必要が無いので、どんな人でも簡単に利用できるというメリットがあります。このような方法を聞くと、クレジットカードの買い物枠を現金化する方法に似ていると感じる人も多いでしょうが、実際にクレジットカードが携帯キャリア決済に代わっただけで根本的な仕組みは同じです。ただ、クレジットカードだとそもそも信販会社の審査をクリアしてクレジットカードを持っていなければ利用できませんし、最近では法律の規制も厳しくなっているのでリスクが高いというデメリットがあります。実際、クレジットカードで現金化を行っていた業者が摘発されてしまったケースもあり、利用する側としてもちょっと怖さがあります。この点、携帯キャリア決済ならクレジットカードのように法律の規制が整備されていないので、何の心配もなく利用することができます。特別な手続きや審査もなく、常に持ち歩いている携帯電話を活用するので余計な手間も時間もかかりません。早ければ、申し込んだその日のうちにお金を自分の口座に振り込んでもらうことも可能なので、非常に便利で頼りになる存在だと言えるでしょう。

便利の落とし穴悪徳業者の注意点

そんな携帯キャリア決済ですが、現金を手にするためには専門の業者に申し込みをする必要があります。最近は特に人気の高まっている現金化方法なので、対応する業者の数もうなぎ上りです。インターネットを探してみると何社もの対応会社を見つけることができるのですが、残念ながらどこにでも悪徳業者というものが存在します。高値で買い取るなどと謳っておきながら難癖をつけて安く買い取ったり、手数料を5割ほど取るようなとんでもないところまであります。もちろん中には良心的に営業している会社もたくさんあるので、悪質なところに引っかからないようにするためにも事前の確認を徹底しておきたいところです。

良心的な会社かどうかを見極めるのに欠かせないのが、きちんと古物商許可番号を取得しているかという点です。携帯キャリア決済による現金化に対応している会社は、申し込み者からアイテムを買取って対価を支払うという形で営業しているので、いわゆるリサイクル業のような扱いになります。このような業務は誰でも自由に行えるものではなく、必ず古物商許可番号という資格のようなものを取得していなければ営業が認められません。リサイクル業を行う会社にとってはまさに必須の許可証となっているので、買取り業者がこの番号を持っているかは必ず確認するようにしましょう。番号を持っているということはきちんとした正規の手続きを踏んで会社を立ち上げているということであり、法律の規制を受けた健全な会社と言う事の証明になります。もし古物商許可番号を持っていなければ、行政の許可を受けずに営業している不当な会社ということになり、実態が分からない悪徳業者である可能性が高くなります。古物商許可番号は、持っていれば会社のホームページなどのどこかに明記されているはずなので、隅から隅まで探してみるようにしましょう。いくら探しても見つからない場合はかなり怪しいので、念のため直接問い合わせるか利用を避けた方が安心です。問い合わせるとそれらしい番号を伝えてきたりもしますが、念には念を入れてそれが正当な番号かどうかまでチェックしておきましょう。インターネットで古物商許可番号を検索すると、会社の名前や本社所在地などの情報を知ることができます。実在している会社なら検索にヒットするので、ホームページに記載されている内容と一致するかを確認しておきましょう。古物商許可番号の内容とホームページの内容がまるっきり違っていたら、かなり怪しいので注意が必要です。

古物商許可番号の重要性

携帯キャリア決済の仕組みそのものとは直接関係ありませんが、古物商許可番号は利用する業者を選ぶためにも非常に重要なものと言えます。そもそも古物商許可というのは、美術品や古本、宝石や自動車や自転車、カメラや電化製品に商品券などあらゆるリサイクル品を取り扱う会社なら必ず取得しておかなければならない営業許可証です。売買はもちろん、中古品をレンタルする場合でも必要となるので幅広い会社で必要になります。新品のアイテムをレンタルする場合は必要ないので複雑な感じがしますが、基本的に中古品を使ってビジネスを行う場合は必須だと覚えておきましょう。現金化業者の場合も、一度利用者が購入した中古品を売買するということになるので、必ず古物商許可が必要となります。自社のホームページを開設する場合や法人のショップとしてオークションサイトやショッピングサイトなどに出店する場合、必ず番号を記載することが求められています。こういった背景から、携帯キャリア決済を行っているのにホームページに番号が表示されていない場合は、良心的な会社ではない可能性が高くなります。許可証を持たずに携帯キャリア決済の現金化を行っていた場合、法律違反の無許可営業ということになるため刑事罰の対象となってしまいます。3年以下の懲役や100万円以下の罰金などの罰則が設けられているだけでなく、営業停止などの行政処分が下される可能性もあります。このように厳しい規制が行われているのは、盗まれたアイテムなどが中古品として売却されるのを防ぐためです。盗まれたものが持ち込まれた場合、会社はそのまま買い取るのではなく警察などに申し出る義務があります。盗品を監視するネットワークを確立するためにも、正規の許可を得た会社しか中古品を取り扱えないように規制する必要があるのです。特に中古車や宝石類は海外の窃盗団のターゲットとしても狙われやすいため、より厳しく管理することが求められています。

古物商許可番号はインターネットで調べれば情報を確認できると上述しましたが、許可を得ている全ての会社が記載されているわけではありません。許可を得てからインターネットに記載されるまでには一定の時間がかかるため、取得して間もない会社だと検索しても情報を得られないこともあります。このため、検索にヒットしないからといってその会社が悪徳業者だとは言い切れないので覚えておきましょう。最近はオークションサイトを利用すれば個人同士が簡単に中古品としてアイテムを売買できるようになってきたため、古物商許可の定義が問題視され始めています。自分で使うために購入するのならもちろん構わないのですが、利益を目的として中古品の取引を行う場合は個人であっても古物商許可が必要になる可能性が高いです。実際にはオークションで売買を頻繁に行っている個人も膨大な数に上るため、いちいちチェックして許可を取っているかまでは調べられません。ただ、継続してかなりの取引を繰り返しているような場合はサイトの管理者に要注意人物として監視されてしまう可能性もあるので、注意が必要です。古物商許可番号は意外と簡単に取得できるので、個人でも手広く中古品の売買を行っている場合は取得しておいた方が安心です。許可を取得するためには難しい試験や面接のようなものはないのですが、一定の条件を満たす必要があります。会社の所在地を管轄している警察署で申請することができ、19,000円の手数料と様々な必要書類を揃えて提出すれば良いだけです。申請してから約40日以内には審査の結果が伝えられ、許可か不許可かが分かります。許可をもらえない個人や法人には特徴があり、未成年者や破産者、禁固以上や罰金の刑事罰を受けてから5年以上経過していない人、特定の住所が無い人や一度許可を得ていながら取り消されて5年以上経過していない人などが該当します。ごく一般的な常識とスキルを持つ社会人であれば、数時間の手続きで申請を終えることができます。大きな問題が無ければ申請が不許可となることは無いので、申請さえ行えばまず間違いなく取得できるものです。

まとめ

古物商許可番号は業務を行う上では必ず必要になるものですが、その内容はごく簡単なので携帯キャリア決済を行う会社の信頼度や安全性とはあまり関係ないとも言えます。仮に許可を得ていても悪質な業務を行っている会社もあるため、一概に信頼できるとは言い切れません。番号を取得していることをアピールする会社も多いのですが、安易にそれを信じ込まずに自分で会社の安全性や評判などを調べることが重要です。しっかり下調べをしてから利用すれば、トラブルに巻き込まれることも大きな損をすることもなく、安全で便利に携帯キャリア決済の現金化を利用することができるでしょう。