携帯キャリア決済に利用上限・チャージ上限はある?

携帯キャリア決済とは?

みなさんは「携帯キャリア決済」というサービスをご存知ですか。便利な機能ではありますがまだまだ知名度の高いサービスではないため、初めて聞いたという方も多いかもしれません。「携帯キャリア決済」は、インターネットショッピングの支払いやオンラインゲームの課金などを携帯料金と合わせて支払うことができる決済サービスです。ただし本サービスには利用上限やチャージ上限が設定されている点には注意が必要です。

利用上限・チャージ上限はいくら?

利用している携帯キャリアによってその詳細は異なりますが基本的にどのキャリアも利用上限は10万円に設定されているのが現状です。なお、それ以下の値であれば個人個人で好みの数字に設定することができる仕様になっています。このようにクレジットカードに比べて大金を使用できない点が携帯キャリア決済の不便さと言えます。また、未成年の方の場合は多くのキャリアでより低い料金が上限額として設定されています。そのため、お子さんの使い過ぎが不安な方にとっては心強い機能と言えるかもしれません。すでにそのサービスを利用されている方はご自身の上限額がいくらに設定されているか一度確認することをおすすめします。またまだ使ったことがないという人は参考にぜひ利用を検討してみて下さい。

商品券はコンビニで買うより通販がお得!

購入したいものが売っていないこともある

コンビニに行けば、24時間営業のお店であれば商品券をいつでも買うことは出来ます。しかし、自分が欲しいものがあるのか否かは別の話です。購入したいものがない、売れ切れている場合には、例え24時間営業でも入手することは出来ませんし、売り切れている場合には、入荷まで待つ必要があります。さらに、取り扱いが行われていないお店などの場合、買い求めたいモノを売っているお店を探さなければなりません。時間のロスや手間などを考えるとコンビニよりも通販店を使った方が便利です。

通販店の場合は、商品券の種類を選んで買い物ができる

コンビニの場合は、商品券の取り扱い種が少ないため、必ず自分が必要なものがあるとは限りません。仮に取り扱いがあっても、人気を持つ商品券の場合には売り切れているなど二度手間を踏むこともゼロではないのです。通販店の場合は、取り扱い商品の数が多いため、自分が必要としているものを選んでカートに入れる形で買い物が出来ますし、パソコンだけでなくスマートフォンにも対応しているサイトであれば外出時に欲しいものを購入しておけば、数日後には手元に届く、クレジットカード決済も出来るので便利です。

金券ねっと

携帯キャリア決済のメリット・デメリット

若年層が携帯キャリア決済の先導に

現在携帯キャリア決済を行っている人の多くは若年層です。この世代はクレジットカードを持つことができなかったり、持てたとしても抵抗があったりして、他にできる簡単な決済方法を求めています。誰もが簡単に、そしてスマートに決済できる方法ですので、利便性の高さからも人気があります。

本人確認の正確性もメリットに

利便性に優れているだけでなく、既に携帯ショップで十分な本人確認が行われているために本人確認の正確性に優れていることもメリットです。そのため、安心して商品の売買に利用できる方法であり、信頼性も抜群です。

注意したいデメリットも

商品を購入する側から見るとデメリットはほとんど見当たりませんが、売る側からすると手数料が高いという点が気になります。利用金額や提供するサービス、商品によって異なりますが、一般的にクレジットカードよりも高い手数料が取られています。また、システムの仕様がキャリアによって違うことも気をつけておきたいポイントです。ショップ側で対応するのが難しい時の対処法としては決済代行会社の利用があり、決済代行会社を通すとシステム構築や管理の工数を大幅に削減できます。

 

携帯キャリア決済の仕組みとは(ドコモ・au・ソフトバンク)

携帯キャリア決済は、商品の購入代金を携帯電話の料金請求と一緒に支払うことができる仕組みです。

後払いであるため、お金を先に支払う必要がありません。

ネットショップで利用することができます。

クレジットカードを持っていない場合

ネットショップの利用は銀行振り込みなどを活用しなければなりません。

しかし、携帯キャリア決済を利用すれば、クレジットカードがなくてもネットショップですぐに支払うことができるため、商品の発送がスムーズです。

もちろん物だけでなく、例えばオンラインゲームの利用料金を支払うといったことでも使われています。

使えるかどうかはそれぞれのサイトによって異なるため、そちらの方で確認してください。

携帯キャリア決済が利用できるのは大手キャリア3社のみ

携帯キャリア決済が利用できるのは、ドコモとauとソフトバンクの大手キャリア3社のみです。

それぞれ利用の限度額が定まっていて、ドコモが5万円、auとソフトバンクは10万円が上限となっています。

ドコモのキャリア決済注意点

ドコモの上限は5万円ですが、これは契約期間によって上限が変わってきます。

契約が3か月までの場合は1万円、それを超えて2年までは3万円が上限です。

5万円は、ドコモとの契約が25か月目移行に利用できる上限です。

通販で携帯キャリア決済をするメリット

インターネットで通販をする場合多くの決済方法がありますが、携帯キャリア決済を利用したことはありますでしょうか?携帯キャリア決済は大手3キャリアを契約してさえいれば誰にでも利用できる決済手段です。いちいち審査等が必要になってくるクレジットカード等と違い、気楽に利用できます。

安全な決済手段として

キャリア決済は電話料金と合算して請求されるため、手持ちの現金が無い場合にもクレジットカードのかわりに気軽に利用できるメリットがあります。その上個人情報を入力して決済するクレジットカードと違い、4桁のパワードのみで決済可能なため安全に利用可能です。

未成年でも利用可能

また年齢制限を必要としないため、未成年の非現金決済手段としても選択できます。動画サービスやデジタルコンテンツへの課金もキャリア決済に対応している場合が多いため、クレジットカードを持っていない場合でも簡単に決済を行うことができます。

多くのサービスの支払いに対応

昔はデジタルコンテンツや着メロ等の決済がほとんどでしたが、最近では大手通販サイトやデリバリーサービス、プリペイドカードへのチャージ等も対応し食品や服飾等あらゆるものの決済に対応しているため、非常に便利に利用することができます。

安全で簡単にあらゆる決済に対応しているため、是非この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

金券ねっと

JCBギフトカードはクレジットカードや携帯キャリア決済で購入できる?

JCBギフトカードは、基本的にはクレジットカードと携帯キャリア決済で購入することはできません。

これは他の商品券とも同じです。

しかし、クレジットカードに関しては、JCBのカードを使って決済をするのであれば購入することが可能です。

ネット上の金券ショップなら携帯キャリア決済で購入できる

また、商品券を公式に販売しているところでは使えませんが、一部のネットの金券ショップでは、クレジットカードや携帯キャリア決済で販売していることがあります。

その場合は、額面より高い値段で売られています。したがって、少し損をしてしまいますが、どうしてもこれらの手段で購入したいと考えているなら、利用すると良いでしょう。

JCBギフトカード取扱店は二種類のタイプがある

JCBギフトカードを街中で取り扱っているお店のタイプには二種類あって、一時販売をしているお店の中で使えるお店ならカード決済が可能ですが、金券ショップでは基本的に使えません。

JCBの公式から購入する場合は、前述のとおりカードで購入はできます。

そして、購入できる場合はプロパーカードでなくても問題ありません。

JCBのロゴが入っている提携カードでも利用することができます。

取り扱いについては随時変わることがあるため、その都度お店の情報を確認して利用するようにしてください。

金券ねっと

全国百貨店共通商品券はクレジットカードや携帯キャリア決済で購入できる?

全国百貨店共通商品券を現金以外の支払い方法で購入したい場合は、利用するお店を選ぶ必要があります。

クレジットカードや携帯キャリア決済で全国百貨店共通商品券を購入できるところがあるため、現金以外の方法を選択したい場合は確認してから利用する事をおすすめします。

インターネット上にクレジットカードや携帯キャリア決済が選択できるお店があるため、家の近くに現金以外で購入できる場所が無いという人も安心です。

自分の家以外に配送してもらう事も可能なため、遠くに住んでいる知り合いにギフトを贈りたいときにも役立ちます。

クレジットカードで支払いできるインターネット上のお店には信頼できるところもあるため、安心して注文する事が可能です。

全国に発送してくれるので、地域を問わず利用できるところも魅力です。

利用者の質問に答えているお店もあるため、初めてサービスを使うから分からない事があるという人も利用しやすくなっています。

即日発送している場合もあるので、できるだけ早く届けて欲しいときにも便利です。

個人情報の保護に力を入れている会社が運営しているのであれば、インターネットでも安心して注文できるでしょう。

口コミが掲載しているお店もあるので、評判の良いところを利用してください。

金券ねっと

商品券は通販ならクレジットカード・携帯キャリア決済で購入が可能

ちょっとしたお礼やギフトに最適な商品券 ちょっとしたプレゼントやお礼やギフトに悩んだ経験があるという人は多いのではないでしょうか。そんなときに役立つのが商品券です。食品や物を贈るとなると相手の好みや贈るシチュエーションなどを考えなければなりませんし、選ぶ手間や時間も要します。商品券なら選ぶ時間や手間も不要ですし、万人に喜ばれるギフトなので安心感があります。ギフト選びに困った際のとても心強い存在となってくれます。 通販ならクレジットカードや携帯キャリア決済で購入が可能 商品券は通販サイトで手軽に購入することが出来ます。クレジットカードや携帯キャリア決済が可能なところも多いので、とても便利です。即日発送のところもたくさんあり、いざというときにとても役立ちます。通販サイトを選ぶ際は、品揃えの豊富さ、迅速で丁寧な対応をしてくれるかどうか、知名度や信頼度や顧客満足度の高さや評判の良さや実績の豊富さ、安全で安心なサービスやサポートを受けることが出来るかどうかなどがあります。ランキングや口コミなどを参考にして選ぶのも良いでしょう。それぞれ特徴やコンセプトが異なりますので、しっかりと比較して最適なお店で商品券を購入しましょう。

金券ねっと

携帯キャリア決済なら手数料が0円で買い物できる!

大半の方が利用している大手携帯電話会社の携帯電話やスマートフォン(キャリア携帯)には、携帯キャリア決済機能という便利なサービスが付いています。この機能はキャリア携帯電話の端末を利用してキャリア決済に対応したオンライン上のショッピングサイトにアクセスすれば、携帯電話会社が一時的に商品の購入代金を立て替えてくれるという便利なサービスです。

携帯キャリア決済方法

ショッピングサイトで商品を選んで購入手続きをする時に、支払方法として利用している携帯電話会社のキャリア決済を選択し、携帯電話会社のポータルサイトなどで登録した4桁の暗証番号を入力するだけで支払いの手続きが完了します。代金は翌月に携帯電話の通信料と一緒に電話代として請求されます。

携帯キャリア決済機能の最大の魅力

登録手続きが不要で手数料が一切かからないことです。各社とも決済サービスの登録料や月額利用料は0円です。オンラインショップなどで決済サービスを利用した際の手数料も0円です。年会費無料のクレジットカードと同じように、利用者は購入した商品の代金以外の費用を支払う必要がありません。サービスを利用する際の登録手続きも不要で、キャリア携帯電話に契約するだけで自動的に決済サービスが利用できるようになっています。携帯電話の利用者が未成年者や学生でも、携帯キャリア決済サービスが利用できます。そのため携帯キャリア決済サービスは、クレジットカードを持つことができない10代の学生の間で人気を集めています。携帯キャリア決済機能が使える携帯電話会社はNTT docomo、au、Softbank、Y!mobileの4社です。ちなみにSoftbankとY!mobileについてはサービス内容が同一です。いずれも毎月決済に利用できる上限金額が決められていて、基本的なサービス内容はほぼ同じで、いずれの携帯電話会社でも手数料が0円で利用できます。

毎月利用可能な限度額の範囲や締日・請求日について

携帯電話会社ごとに違いがあります。

  • NTT docomo(ドコモケータイ払い):月末締めで翌月末払い、限度額1万円~5万円
  • au(auかんたん決済):月末締め、翌25日払いで限度額1万円~10万円
  • SoftbankまたはY!mobile(ソフトバンクまとめて支払い):10日締めで翌16日払い、20日締めで翌26日払い、月末締めで翌6日払いのいずれか、限度額1万円~10万円ちなみに利用者が未成年の場合には、各社とも毎月の限度額が最大で1万円までとなります。

NTTドコモの場合は電話代との合計額なので、限度額が1万円であれば携帯キャリア決済で利用できる金額は1万円未満となります。各社とも締日の直前に決済サービスを利用したとしても、代金の支払いは約1ヶ月後です。締日の直後に買い物をすれば、請求日は約2ヶ月後ということになります。一括払いのクレジットカードと同じように手数料が0円なので、商品を購入してから請求日までの間は無利子でお金を借りるのと同じです。オンラインショッピングで携帯キャリア決済機能を利用することもできますが、携帯電話料金をクレジットカード払いにしたり、携帯電話会社が独自に発行するポイントを活用することで、もっと便利に利用することができます。

クレジットカードと携帯キャリア決済を組み合わせることで、代金請求までの期間を1~2ヶ月程度遅らせることができる

毎月の電話代の支払いをクレジットカード払いにすれば、オンラインショッピングで携帯キャリア決済で代金を支払ってから1~2ヶ月後に利用した代金が電話代としてカード会社に請求されます。利用者にクレジットカードの代金が請求されるのはカード会社の請求日よりも1~2ヶ月後です。クレジットカードの支払い方法を一括払いに指定すれば、カード会社に支払う手数料は0円です。電話代の支払いをクレジットカード払いにすることで、3ヶ月以上の期間にわたり携帯電話会社とクレジットカード会社に手数料無料でショッピングの利用代金を立て替えてもらえることになります。携帯キャリア決済は手数料が0円ですが、携帯電話会社が発行するポイントを活用することで、決済金額に応じたポイントをもらう方法があります。手数料が0円であるだけでなく、使えば使うほどお得なのです。ポイントの利用方法やポイント付与率は会社ごとに異なります。ポイントを利用する場合には、登録料・年会費無料のポイントクラブに入会して、それぞれの携帯キャリア決済機能でポイントを購入してチャージします。

チャージしたポイントで買い物すれば決済金額に応じたポイントがもらえる

ポイント付与率やポイントの利用方法は携帯電話会社ごとに違います。

NTT docomoのdポイントの場合

電話代の支払い時も含めて200円ごとに1ポイント(0.5%相当)が付与されます。ポイントはオンラインショッピングの支払い以外にも電話代の支払いにも利用可能です。キャリア決済機能を利用してポイントを購入することが可能です。

au WALLETの場合

ポイントを利用して支払う際に、200円につき1ポイント(0.5%相当)が付与されます。付与されたポイントを利用すれば、オンラインショッピングなどの支払いに利用できます。キャリア決済機能でポイントをチャージすることができます。

ソフトバンクまとめて支払いの場合

キャリア決済機能を利用してプリペイドカードのポイント(プリペイドバリュー)ができます。200円ごとに1ポイント(0.5%相当)が付与されます。

キャリア決済で購入したポイントを使ってプリペイドカード決済した方がお得

ショッピングサイトを利用する際に携帯キャリア決済機能で支払いをすることもできますが、キャリア決済機能を利用して購入したポイントを使ってプリペイドカードとして決済をした方がお得です。毎月利用可能な携帯キャリア決済の限度額は1万円~10万円程度ですが、ポイントの積立をすれば10万円を超えるお買い物ができます。手数料が0円で審査不要の携帯キャリア決済サービスと携帯電話会社のプリペイド機能を上手に組み合わせれば携帯キャリア決済対応のショッピングサイトだけでなく、実店舗でのお買い物にも利用できます。携帯キャリア決済の利用料が0円で代金が請求されるのが1ヶ月以上先であることを活用すれば、一括払いのクレジットカードとして使う裏技が存在します。クレジットカードを持つことができない未成年や学生の方でも、携帯キャリア決済サービスとプリペイドカードを組み合わせることで、実質的に一括払いのクレジットカードと全く同じサービスが利用できます。携帯キャリア決済機能を活用してクレジットカードとして利用する方法ですが、各携帯電話会社が発行するVISAまたはMastercard機能が付いたプリペイドカードにキャリア決済機能でポイントをチャージします。VISAまたはMastercard加盟店であればオンラインショッピングの他にも国内外の多くのお店でショッピングに利用できます。プリペイドカードを利用した際に利用残高に応じてポイントが付与される点でも、クレジットカードと同じです。携帯電話会社ごとにプリペイドカードの種類や機能に違いがあります。各社とも毎月自動的に携帯キャリア決済機能でポイントをプリペイドカードにチャージするオートチャージ機能があるので、毎回端末を操作してチャージする手間を省くことができます。

NTT docomoのdプリペイドカード

ドコモショップに行けば、誰でも手数料無料で発行できます。dポイントをチャージすれば、全国のiDまたはMastercard加盟店で利用できます。dポイントは携帯キャリア決済機能の他に現金、クレジットカード、ネットバンキングなどで最大30万円分までチャージすることができます。海外のMastercard加盟店でも利用できます。オンラインショップでのみ利用する場合には、Visaプリペイドカードも利用できます。

au WALLET

Mastercard機能が付いたプリペイドカードで、auかんたん決済やじぶん銀行、auポイントなどを利用して最大10万円までチャージできます。日本国内外のMastercard加盟店で利用できます。

ソフトバンクカード

VISA機能が付いたプリペイドカードで、ソフトバンクまとめて支払いでチャージすることができます。ソフトバンクカードの最大のメリットは最高で100万円分までチャージ可能である事と、全世界で加盟店が一番多いVISA機能が付いていることです。海外旅行に行く場合には、ソフトバンクカードがおすすめです。

いずれのプリペイドカードも無審査で誰でも利用でき、登録料や年会費は0円

VISAまたはMastercardが使える実店舗・オンラインショップで一括払いのクレジットカードと同じように利用できますが、月額料金の支払いや、ガソリンスタンドやタクシーなどサービス利用後に料金が確定するような支払いには利用できません。dプリペイドカードやソフトバンクカードはチャージ可能な限度額が高額なので、手持ちのクレジットカードの限度額が少ない方でも、高額の商品を購入する際に利用できます。クレジットカードの申し込みができない学生や未成年者でもオートチャージ機能を活用することで、クレジットカードと全く同じようにショッピングに利用することができます。プリペイドカードでも支払い金額に対して0.5%の割合でポイントが付与されるので、手数料が0円で後払い機能が利用できるだけでなく、現金払いよりもお得です。貯まったポイントはプリペイドカードにチャージしてお買い物に利用することができます。ちなみにNTTドコモのdポイントは電話代の支払いにも利用できます。基本的に携帯キャリア決済機能はショッピングのためのサービスです。一部のオンラインショップやオークションサイトなどを利用すれば、Amazonギフト券やJCBギフトカード・全国百貨店共通商品券などの商品券を購入することもできます。

金券ねっと

携帯キャリア決済サービスは、急にお金が必要な場合にキャッシングの代わりに使うこともできます。

ドコモのキャリア決済額の限度額を増やすには?

携帯電話会社最大手DoCoMo。iPhoneの販売が無かったことで一時苦しい立場にありましたが、見事首位に返り咲き、2017年現在も根強い人気を誇っています。そんなドコモが展開するサービス『ドコモケータイ払い』。ドコモのキャリア決済は、お金に余裕がない方にオススメなサービスがたくさんあります。

キャリア決済って何?

大手通信会社の携帯電話には、キャリア決済というサービスが付属しており、ドコモの場合はドコモケータイ払いという名称です。ドコモケータイ払いは、ネットショッピング等の代金を携帯電話利用料金と合算して支払うことができるサービスです。現金がない時に支払いを翌月に回したり、使い方次第でとっても便利なサービスです。たとえば、クレジットカードの情報を打つ時ってちょっと怖くないですか?安全だと頭で分かってても、不安が残りますよね。そんな時に、キャリア決済を使えばあんしんして決済が出来ます。それにいちいちクレジットカードを見て、情報を入力する必要がないので、ちいさな時間の節約と労力の削減につながりますね(笑)。

キャリア決済の限度額

そんな便利なキャリア決済ですが、月々の利用限度額があります。初期で1万円、最大で10万円の利用限度額が契約台数ごとにもらえます。キャリア決済の限度額は契約年数に関係があります。継続して使っていれば、限度額は上がっていく傾向にあるので、出来れば長く使い続けたいですね。最近ではキャリア各社が『乗り換え割』などと謳って、他キャリアからの乗り換えで数万円のキャッシュバックがもらえたりしますが、そこを我慢して、継続して同じキャリアで使っていけばいざという時に10万円分の枠を使えます。

どうやって限度額をあげるの?

キャリア決済の限度額を上げるには他の要素も絡んできますが、まずは契約年数です。キャリア決済の限度額は19歳までの方は月1万円までとなっていますが、20歳以上の方では継続年数に応じて増えていくのです。1ヶ月から3ヶ月までの人は月1万円なのですが、4ヶ月から24ヶ月の方は月に3万円まで増額されます。25ヶ月目以降には、月に5万円まで増えます。ではそれ以上の限度額にするにはどうするか?色々な条件が関係してきますが、簡単にいうと『ドコモの契約期間が長く、支払いの滞納などがない、通信・通話・ケータイ払いの利用額が大きい』人が上がりやすい傾向にあります。これはドコモが公式で発表している訳ではありませんが、クレジットカードなどと同じですね。キャリア決済の限度額は自動に切り替わるわけではなくて自分で申請する必要があります。ネットから変えることが可能なのでそれほど手間がかかるわけではありません。ネットですぐに変更できて楽チンといえば楽チンです。ドコモショップでも変更可能で、ネットでの操作がわかりづらいなんてときにも、すぐにドコモショップに行けばやってもらえます。通常、限度額はどんなに高くても5万以上にすることは出来ませんが、ドコモのお客様サポート窓口だと実は限度額を10万円までにしてもらえることがあるのです。5万円までではちょっと足りないかななんていう人も試してみる価値はあります。しかしその条件はわりと厳しい面もあるのです。契約年数が2年以上で、料金の支払いを滞納した履歴がない人で、最大限度額の5万円の利用実績があることが最低限の条件であるといわれています。明確な基準はないですが、審査に通らなければ10万円にはなりません。キャッシングなどの審査と違い、職業とか年収とかを審査されるわけではないので、通りやすいといえます。キャリア決済枠は自分の契約期間の条件の範囲内で千円ごとに設定が可能です。買い物に金を使いすぎてしまう人なんかにも少しずつ金額を買えていけるのはうれしいです。多くの人が自分の給料で払えそうな範囲で設定しているでしょう。自分の生活レベルとかけ離れた金額を設定しても後から困るだけです。それでも通常は月5万円までなので、そんなに変わるわけではないといえます。しかしこの限度額が重要になってくることもあるのです。ネットからキャリア決済の限度額を変更すると確認のメールが届きます。確実に変更したという感覚が得られるのでよいサービスです。ちゃんと内容を確認してメールを保存して気になったときとかに確認できるようにしておくとよいこともあります。

キャリア決済の使いみち

キャリア決済の限度額が増えると、いろいろと便利です。買い物するときにも余裕ができるし、切羽詰ったときにも必要なものが変えるので役に立ちます。あまり買い物しない人には別にそんなものなくてもよいのではないかと思ってしまいがちですが、これが生活に困ったときにも役に立つのです。別に生活に困らないしそんなことに気を使わなくてもよいだろうなんて思っていると、使わなければならなくなるときに対応できなくて途方にくれることになります。5万円の利用実績をつくることはなかなか大変ですそれでも熱心にドコモの契約を続けてサービスを利用し続ければ何とかなるものです。ドコモを使い続けて買い物をするときはすべてキャリア決済にしていけばそれほど難しくはありません。確実に限度額を10万円にしたい方はもう少し条件を良くしておくと確実といえるでしょう。そこでオススメの方法があります。ズバリ、商品券をキャリア決済で購入するんです。Amazonなど大手ショッピングサイトでもキャリア決済は利用できますが、毎月5万円となるとなかなかの金額です。そこを商品券にすることで、買い物にも利用できるし、必要のない商品券は金券ショップに持ち込んで買い取ってもらうことも可能です。具体的な方法を教えます。まず矛盾していますが、キャリア決済では商品券は買えません。違法な業者などに頼めば購入することも出来るのかもしれませんが、正規のルートでキャリア決済のまま商品券を買う事はできないのです。これは商品券や金券は換金性の高い商品の為、現金化に利用されることを防ぐ目的でキャリア各社が利用規約などで禁止いしているからです。ではどうやって買えばいいのか?答えは単純で、キャリア決済を使って別のものに交換する、具体的にはプリペイドカードにチャージすることで可能になります。キャリア決済は携帯キャリア各社が発行しているプリペイドカードにチャージして通常のクレジットカードと同じように利用することができるのです。ドコモの場合は『dプリペイドカード』というカードを発行しており、店頭で申し込めば審査不要で、申し込みから1週間程度経てば、自宅に郵送で送られてきます。Dカードを手にいれることができれば後は簡単です。キャリア決済枠を満額、dカードにチャージして、あとはクレジットカードで商品券を購入できるサイトで買い物をするだけです。有名なお店に金券ねっとがあります。

無事購入が完了すれば、翌日には商品が届くので、あとはスーパーで使用したり、金券ショップに持ち込んだりすれば実質無料でキャリア決済枠の上限アップをすることが出来ます。ドコモの契約期間が長いとそれだけ審査に通りやすい気がします。何回も最大限の5万円を利用していて支払いに滞納がなければほぼ確実であるといえそうです。限度額を10万円に増やしておくことがなんの役に立つのかと思った人もいることでしょう。お金が今すぐ必要だといったときにこれがものすごく役に立つときがあります。お金がないのだけれどどうしたらよいかわからない、そのうち飲み会とかで金を使わなければならないとかいうときも役立つでしょう。現金でしか払えないものを購入したいけど手元に現金がないというときに重宝します。金券ショップでは額面から少し安く買い取られるので額面どおり現金にできるわけではないのです。買い取ってくれるような金券ショップが近くにあるとは限らないことも問題のひとつです。電車賃を払っていかなくてはならなかったりするとそこでお金がかかってしまいます。郵送で商品券が届くためすぐに現金が必要なときには対応ができません。そんなところも踏まえてやっていくのがよいでしょう。ドコモのキャリア決算の限度額を10万円まで引き上げることができれば、その日の暮らしが成り立たないようなピンチな時でも十分助けになってくれるでしょう。10万円あれば家賃も何とかなりそうなので、家を失う心配もないでしょう。すぐにでも使える手段があれば生活を乗り切ることができるので安心感があります。商品券としてはコードだけすぐにメールでもらえるものもあり、そのコードを売るこも出来るようです。ネットで検索してみると怪しいサイトもあり、あまりあんぜんであるとは言えないようです。生活が成り立たなくなりそうなときにこれらを知っておくと本当に便利です。すぐに仕事が得られない状況に陥ることもあります。そんな簡単に職が得られる時代じゃないこともあり、利用している人は結構いるようです。ドコモにはキャリア決済機能があり携帯と一緒の請求にできるサービスがあり、便利になっています。キャリア決済の限度額も契約期間とともに増額され、10万円まで増やせるのです。それらをうまく使うことによって現金がないときでも何とか作り出すことができます。